フランス旅行・各地の魅力ダイジェスト!フランスの地方ごとの特徴や違いをまとめてみました!フランス旅行の参考にどうぞ!

 

Hi! everybody! yoshiです!

Are you traveling?

 

スポンサーリンク
 

 

フランスは、地方ごとに気候も風土も千差万別です。各地を訪れ、その変化に富んだ多様性を楽しむのもおもしろい。エリアに属する地方を中心に、土地ごとの特色をここで紹介します!

 

 

ノルマンディ/ブルターニュ Normandie/Bretagne

 

ヨシ
フランス西部、大西洋に面した2つの地域です。北方から南下してきたノルマン人が公国を築いたノルマンディと、ケルト人(=ブルトン人)が独自の文化を守るブルターニュ。フランスでありながら異国の香りが色濃く残る地方です。

 

 

必見みどころ!

 

モン・サン・ミッシェル…巡礼地として栄えた海に浮かぶ修道院モンサンミッシェル 不動の人気を誇り、天空にそびえ立つ西洋の驚異!

 

キーワード

ケルト文化

ブルターニュ地方は紀元前6世紀ごろから英国から渡来したケルト人が住み、独自の文化を育んできたエリアです。

建築文化

世界遺産のモン・サン・ミッシェル、ルーアンの大聖堂など、ノルマンディ地方を中心に素晴らしい建築様式が各所に点在しています。

気候

両方とも、年間を通して気温の変化はあまりないです。夏もさほど気温が上がらず、冬も比較的穏やかで過ごしやすい気候です。

主なイベント

7月…モン・サン・ミッシェル/大巡礼会

8月…ロリアン/ケルト民族フェスティバル

 

名物グルメ

ブルターニュ地方では、大西洋の荒波が育んだ良質の海の幸を楽しもう。また、酪農が盛んで、乳製品の一大産地でもあります。

オムレツ

1世紀以上も愛され続けるモン・サン・ミッシェルの名物。プーラールおばさんが考案したふわふわの巨大オムレツは、とろけるような美味しさです。

ガレット

サクッと香ばしいそば粉のクレープ。定番の具はハム、チーズ、玉子のセットで、軽食ならこれで充分です。デザート用の甘いタイプもあります。

カマンベール

チーズの女王との異名を持つ白カビタイプのチーズ。熟成すると中からクリームのようにとろけ出し、濃厚な味が口いっぱいに広がります。

シードル

ブドウの栽培に適さない土地なので、このリンゴを原料とした発泡酒が飲まれます。辛口と甘口があります。

海の幸の盛り合わせ

豪華な海の幸の盛り合わせプレート。エビ、カニ、貝など、茹でただけのものをレモン汁や自家製マヨネーズでいただきます。

 

イル・ド・フランス Île-de-France

 

ヨシ
パリを取り囲むように広がる直径100㎞ほどの地域です。豊かな自然の中に華やかな歴史と芸術の香りが詰まっています。12世紀のゴシック建築発祥の地であり、19世紀には、印象派やバルビゾン派などの芸術家たちに愛された土地です。

 

 

必見みどころ!

 

ヴェルサイユ宮殿…ルイ王朝を象徴する世界屈指の大宮殿ヴェルサイユ宮殿の絢爛豪華な宮殿内部を徹底解剖!ベルサイユ宮殿観光の参考にどうぞ!

シャルトル大聖堂…左右非対称の塔とステンドグラスが美しいフランス シャルトルってどんなとこ?世界遺産の大聖堂が美しい!

 

キーワード

緑豊かな田園都市

パリ市街地を一歩離れると田園が広がり、セーヌ河をはじめとする数多くの河があります。フォンテーヌブロー、シャンティなどの森が多いのも特徴的。

2大アート発祥地

1つは12世紀初頭のサン・ドニ大聖堂から始まるゴシック様式。2つめは19世紀後半のルノワールやモネなどによる印象派絵画の発祥に地としても有名です。

気候

気候はパリ市内とほぼ同じです。春夏は乾燥した晴れの日が多く、花々が咲き乱れるベストシーズン。冬は雨が多く、気温はパリよりも2~3℃低い。

主なイベント

4~9月…シャルトル/市街ライトアップ(9月中旬に光の祭典)

6月…シャンティイ/競馬:ジョッキークラブ杯、ディアーヌ・エルメス杯 プロヴァン/中世祭

8・9月…ヴェルサイユ/花を使ったスペクタクル(6回公園)

 

名物グルメ

大都市パリへの食糧供給所としての役割も担い、さまざまな農産物が作られています。

パリ風マカロン

表面はさっくり、中はふんわり、2つの食感を楽しめるメレンゲ菓子です。色とりどりのマカロンは、味も香りも上品な仕上がりです。

ブリー・ド・モー

牛乳から造られる白カビタイプのクリーミーなチーズ。カマンベールと似ていますが、かなり大ぶり。ほかにブリー・ド・ムーランなどもあります。

ポトフ

冬の定番、シンプルな味付けの家庭料理。野菜をコトコトと長時間煮込んだもので、野菜本来の美味しさが鍋の中に凝縮されています。

 

パリ Paris

 

ヨシ
花の都とも芸術の都とも呼ばれるフランス屈指の観光都市。街のほぼ中心を流れるセーヌ河の河岸には、新旧の歴史的、文化的建造物が点在し、世界遺産にも登録されています。

 

必見みどころ!

 

エッフェル塔…高さ320mを誇るパリ屈指の眺望スポットフランス・エッフェル塔~パッシーってどんなとこ?パリを遊ぼう!エリア別お散歩指南!PART2!

凱旋門…華やかなシャンゼリゼを見下ろす巨大な門フランス・シャンゼリゼってどんなとこ?パリを遊ぼう!エリア別お散歩指南!PART1!

セーヌ河…大西洋に流れ込む大河は、街を東西に貫いています。

 

キーワード

政治、文化、経済の中心都市

人口約220万人を擁するパリは、古くからフランスの中心として栄えた街。点在する美術館では、数々の名画を見ることができます。

一流ブランドとファッションの発信地

世界に名だたるフランス発の高級ブランド。その本店の多くはパリにあります。いくつものショッピングエリアがあり、まさに買い物天国です。

気候

北海道よりも北に位置しているパリ。春らしい日差しが感じられる5月中旬ごろからが旅行に適した季節。冬は冷え込むので防寒対策をしっかりと。

主なイベント

5~6月…全仏オープン(テニス)

7月…パリ・マラソン

7~8月…パリ・カルチエ・デテ

8月…ロック・オン・セーヌ

10月…凱旋門賞(競馬)

 

名物グルメ

フランス中の食材や郷土料理が集まる食の都で歴史あるカフェやビストロで過ごすひとときは、パリの日常を感じる絶好に機会。

ビストロ

もともと気軽に食事ができる大衆食堂的な存在ですが、ここ数年は一流店で修業したシェフがリーズナブルに美味しい料理を提供する店を続々オープンしています。

カフェ

休憩や食事など、便利に使えるカフェでは思い思いに過ごしたいですね。芸術家や文豪ゆかりのカフェで往時の思いを馳せるのもいいですね。

 

スポンサーリンク
 

ロワール Loire

 

ヨシ
フランス中西部、国内最長の大河ロワールのほとりに広がる田園地帯。この川に沿って、オルレアンからアンジェまで数々の街が栄える。中世には貴族が城を建て、河と城が作り出す景観が美しい。

 

 

必見みどころ!

 

ロワールの古城…ロワール河沿いにロマンティックな古城が点在ロワール地方の古城めぐり!競い立つ優美な姿にかつての王侯貴族を想う!おとぎ話に出てくるようなお城です!

 

キーワード

ロワール河

地方を東から西へ横断するように流れる全長1020㎞の、フランスで最も長い河。

シャトーホテル

中世の城や貴族の館を改装したシャトーホテルが点在しています。古城めぐりの拠点として泊ってもいいですね。

気候

ロワール地方は豊かな土壌と穏やかな気候から「フランスの庭園」と呼ばれています。春と秋の平均気温は17℃で最適ですが、冬は底冷えします。

主なイベント

5月…オルレアン/ジャンヌダルク祭

6月…ル・マン/24時間耐久レース

11月…ナント/3大映画祭

 

名物グルメ

ロワール河に沿って発展しただけに、名物は川魚料理です。新鮮な野菜のふんだんにとれます。良質なワインの産地としても知られます。

タルトタタン

リンゴのタルトですが、一般的なタルトとは上下が逆で、リンゴがしっかり焼けているのが特徴。タタン姉妹の間違いから生まれた菓子です。

サント・モール

サント・モール村のシェーブル(ヤギ乳)チーズ。円筒状で表面に灰が付着しています。中央に1本、麦藁が通っているのが目印です。

川魚料理

ルシオパーチや川カマスなど、白身の魚がメインです。パターを白ワインで煮詰めたブール・ブランソースに絡めて食べるのが定番です。

ロワールワイン

穏やかな気候をもつロワール地方ではワイン造りがとても盛ん。白を主体に赤やロゼも造られています。

 

プロヴァンス Provence

 

ヨシ
フランス南東部にあり、南は地中海に面しています。内陸部は起伏に富み、肥沃な盆地を縫うかのように流れる小さな川がローヌ川へと注いでいます。自然に恵まれ、ローマの遺跡や画家ゆかりの地が点在しています。

 

 

必見みどころ!

 

ポン・デュ・ガール…完璧な姿を今に伝えるローマ時代の水道橋フランス ポン・デュ・ガールってどんなとこ?土木技術の高さに圧倒!歴史のロマンに心を馳せる!

アヴィニヨンの法王庁宮殿…14世紀に一時的に置かれた法王庁宮殿跡フランス アヴィニヨンってどんなとこ?かつてローマ法王庁が置かれた由緒ある街!

マルセイユの旧港…漁師町の雰囲気を残す、活気あふれる港フランス ポン・デュ・ガールってどんなとこ?土木技術の高さに圧倒!歴史のロマンに心を馳せる!

 

キーワード

古代遺跡

紀元前6世紀ごろからギリシャ人が定住。1世紀以降はローマ帝国の支配下にあったため、数多くの古代遺跡が点在しています。

ハーブ&ラベンダー

リュベロン地方にはラベンダー畑、ヴァントゥー山麓付近にはハーブ街道があります。5~7月が見ごろです。

気候

1年を通して日照時間が長い。夏は暑くなりますが、過ごしやすいです。石灰質の山地と肥沃な盆地、豊かな水量が農作物を実らせます。冬から秋にかけてミストラルと呼ばれる強風が吹く。

主なイベント

3月…アルル/春の闘牛祭

5月…アルル/牧童祭

6月…アルル/聖ヨハネの火祭り

7月…アヴィニヨン/演劇祭、アルル/闘牛祭、エクス・アン・プロヴァンス/音楽祭

 

名物グルメ

海の幸や山の幸に恵まれたプロヴァンスでは、オリーブやハーブをたっぷり使った料理が特徴。

ブイヤベース

マルセイユの名物です。魚介類がたっぷり入ったスープ仕立ての料理で、最初にスープを味わい、その後に取り分けておいた魚をいただく食べ方が一般的。

タプナード

オリーブ、アンチョビ、ケッパーをペースト状にしたもの。焼いたパンに塗って食べるのが一般的。ニンニク入りなどの種類もあります。

カリソン

アーモンド粉で作る菓子で、エクス・アン・プロヴァンスの銘菓。中世に祭礼で配られたのが始まりです。

 

ブルゴーニュ/ローヌ・アルプ Bourgogne/Rhône Alpe

 

ヨシ
ワインの産地として名高いブルゴーニュ地方は、水に恵まれた自然豊かな土地です。ローヌ・アルプ地方は、美食の街であるリヨンやフランスアルプスの中心シャモニなど、さまざまな魅力に富んでいます。

 

 

必見みどころ!

 

リヨンの旧市街…トラブールと呼ばれる抜け道がある。フランス リヨンってどんなとこ?文化と歴史に個性あり!3つの注目シティ【リヨン編】!

 

キーワード

ワインの名産地

ソーヌ川やローヌ川が流れ、水に恵まれているブルゴーニュ地方。ロマネ・コンティなどの有名なワインを産出しています。

食都リヨン

食材豊かなリヨンは食の都として有名です。世界一美味といわれるブレス産の鶏はぜひ味わいたいですね。

気候

ブルゴーニュ地方は夏でも平均気温が20℃前後。ローヌ・アルプ地方のローヌ川地域は春と秋が過ごしやすい。

主なイベント

6~7月…ヴィエンヌ/ジャズフェスティバル

11月…ボーヌ/栄光の3日間

 

名物グルメ

ワインの一大産地であるブルターニュでは、料理もワインと関係が深い。食の街リヨンでは星付きレストランで優雅に食事を。

ロマネ・コンティ

最高の畑でとれたブドウだけを使い、丁寧に造られた赤ワインです。一度は飲みたいワインとして誰もが憧れますが、値段も最高級です。

コッコ・オ・ヴァン

鶏肉を赤ワインでじっくりと煮込んだ郷土料理です。付き合せにパスタが添えられるのが一般的。今ではビストロの定番メニュー。

エスカルゴ

パセリ入りでニンニクバターを詰めて、オーブンで焼くのがブルゴーニュ流。殻付きや陶器の容器入りなど、形態はさまざまです。

 

コート・ダジュール Côte d`Azur

 

ヨシ
地中海に面したフランス屈指のリゾートエリアです。夏のバカンスシーズンだけでなく、冬の避寒地としても人気が高いです。

 

 

 

スポンサーリンク
 

必見みどころ!

 

鷲の巣村…小高い山の上に造られた魅力あふれる村フランス ニースから日帰り可能!中世の街並み残る2つの鷲の巣村(エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス)!

 

キーワード

紺碧の海岸

コート・ダジュールの意味はフランス語で「紺碧の海岸」というだけあって、欧州有数、世界に誇るリゾート地となっています。シャガールやマティス、ピカソなど、芸術家ゆかりの街も多いです。

オリーブ

この地域の生活に欠かせないオリーブオイル。実の中にアンチョビを詰めたスタッフ・ド・オリーブや、オリーブの石けんなどもあります。

気候

アルプスなどの山々で北からの冷たい風が遮断され、年間を通して比較的温暖な地中海性の気候です。夏はヴァカンス客で賑わう。冬季は温暖で、避寒に訪れる人も多いです。

主なイベント

2月…マントン/レモン祭り、ニース/カーニバル

5月…モナコ公国/F1グランプリ、カンヌ/カンヌ国際映画祭

8月…グラース/ジャスミン祭

 

名物グルメ

地中海の魚や、ハーブ、オリーブをたっぷり使った料理が特徴。イタリアに近いこともあり、パスタやピザの店も多く見かけます。

ニース風サラダ

今ではフランス全土で食べられるポピュラーなサラダです。見た目も鮮やかで、トマト、ゆで卵、ツナ、アンチョビ・オリーブがお約束です。

スープ・ド・ポワゾン

カサゴやヒメジなどのあらを煮込み、サフランで味付けした濃厚なスープ。クルトンやチーズ、アイオリ(ニンニク)ソースと一緒にいただきます。

 

アキテーヌ/リムーザン Aquitane/Limousin

 

ヨシ
フランス南西部のアキテーヌ地方は、ボルドーワインの産地であり、美しい海岸線やバスク地方など多彩な顔を持っています。リムーザン地方は高級陶器のリモージュ焼で知られています。

 

 

必見みどころ!

 

ボルドーのワインショップ…ボルドーの街なかには、品揃え豊富なワインショップがずらりと軒を連ねています。日本では貴重なワインも見学できるワインツアーも開催しています。フランスワインの2大産地【ボルドー&ブルゴーニュ】で飲んで学んで酔いしれる!フランスワイン物語2!

 

ーワード

ワイン王国

ワインの生産地として世界にその名を知られるボルドーを中心として、ローマ時代からワインの生産と、その交易で繁栄した地域です。

ロマネスク建築

中世には、スペイン北西の巡礼地、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路として栄え、多くのロマネスク教会が建造されました。

気候

大西洋岸地域は、温暖で降水量がすくない穏やかな気候。夏はハイキングや釣りをしに訪れる多くのリゾート客で賑わう。内陸部や山岳部は昼夜の寒暖の差が激しく、雪が降るところもあります。

主なイベント

6月…ボルドー(サンテミリオン地区)/ワイン祭り

9月…ボルドー(メドック地区)/シャトーめぐりマラソン

 

名物グルメ

ボルドー産ワインをはじめ、食が充実したいます。フォアグラやトリュフ、セップ茸のほか、大西洋で養殖される肉厚のカキなど高級食材が目白押しです。

サン・ネクテール

牛の乳を使い、藁の上に並べて熟成されたチーズです。厚い表皮は藁やライ麦の香りを放ち、中はとろけるようにクリーミー。

フォアグラ

世界三大珍味のひとつにも数えられるフォアグラもこの地方の名物。さまざまな料理に使われています。ワインとともに楽しみたいですね。

ボルドー・ペトリュス

ポムロー地方のシャトー・ペトリュスで造られる赤ワインです。幻の赤ワインともいわれ、価格もボルドーでは最高レベルです。

カスレ

白インゲン豆を塩漬けの豚肉やソーセージなどと煮込んだ郷土料理。土鍋で出てくるのでアツアツのところをいただきましょう。

 

アルザス/ロレーヌ/シャンパーニュ Alsace/Lorraine/Champagne

 

ヨシ
ドイツの影響が濃いアルザス地方と、ロココ芸術が開花したロレーヌ地方。シャンパーニュ地方は、シャンパンの産地として知られ、ランスの大聖堂では歴代国王の戴冠式が行われました。

 

 

必見みどころ!

 

ナンシーのアールヌーボー建築アーヌーボー発祥のナンシーは日常の中に芸術を感じる街フランス ナンシー/ストラスブールってどんなとこ?文化と歴史に個性あり!3つの注目シティ!【ナンシー】【ストラスブール】編!

 

キーワード

ドイツ文化

アルザスは9世紀以来、ドイツ支配下にあったため、ドイツ文化が色濃く残っています。ドイツ語なまり、ビール生産量はフランスでは一番です。

シャンパーニュ(シャンパン)

17世紀にフランスの修道女ドン・ペリニヨンが造りました。ランス周辺の限られた土地で生産された発泡性ワインをさします。

気候

降水量が少なく、比較的快適な旅ができます。ただし、夏季は気温が上がります。春と秋が過ごしやすく、特にブドウの収穫期でもある秋がベストです。

主なイベント

6~8月…ランス/音楽祭

8月…マルレンアイム/フリッツの友人の結婚式

9~10月…オベルネなどの各地/ブドウの収穫祭

 

名物グルメ

料理やワインにもドイツの影響が色濃く残る。また、カフェなどで定番となったキッシュやシャンパンはこれらの地方発祥です

キッシュ・ドゥ・ロレーヌ

生クリーム、ベーコン、玉子、タマネギなどをパイ生地に流して焼き上げたもの。軽い昼食代わりにもなります。

シュークルート

たっぷりの発酵キャベツとベーコンやソーセージの煮込みです。アルザス地方の郷土料理です。

クグロフ

王冠の型を使って焼き上げたパンです。以前は土曜に焼いて、日曜の朝に食べるのが習慣でした。

シャンパーニュ(シャンパン)

ランスの盲目の修道士が造り出した発泡ワインです。この地方で造られるものだけが、この名を名乗ることができます。

 

まとめ

 

フランス各地のダイジェストでしたが、いかがでしたでしょうか?

フランス観光の参考になれば幸いです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
 

Overseas travel!

 

フランス人のホームパーティーはどんなことをしているのか?初めてのホームパーティーやー!

フランス人やヨーロッパ人に嫌われる日本人の仕草や癖とは?日本とは逆なんです!気をつけてくださいね!

無料Wi-Fiが使える飛行機と有料の飛行機はどれですか?メッチャ調べたんで見てねー!

安い料金でフランスやオランダなどのヨーロッパへ行く方法!やっぱり格安航空券が安い?

フランスSAINT LAURENT NOUANでアントニーに拾われてホームステイ!

 


コメントを残す