フランス アヴィニヨンってどんなとこ?かつてローマ法王庁が置かれた由緒ある街!

スポンサーリンク

 

Hi! everyone! yoshiです!

Are you traveling?

 

スポンサーリンク
 

 

民謡にも歌われるサン・ベネゼ橋、14世紀に教皇が住んだ宮殿など、アヴィニヨンにはみどころがいっぱいです。古くから商業の中心地として栄えるとともに芸術活動も盛んで、夏の演劇祭開催期間は世界中から観光客が押し寄せます。

 

アヴィニヨン おでかけ前情報!

 

 

アヴィニヨン早わかり!

中世に法王庁が置かれた旧市街地は、全体が城壁に囲まれています。その旧市街の北側、ローヌ川に架かるサン・ベネゼ橋は「アヴィニヨンの橋」の歌で有名です。明るく活気のあるこの街は、7月に催される世界的な演劇祭でも知られ、新旧の魅力にあふれています。

ACCESS

🚋パリ・リヨン駅からフランス国鉄SNCFのTGVマルセイユMarseille方面行きで2時間40分、アヴィニヨン駅下車。リヨンからTGVで1時間10分、ニースからはTGVで3時間10分。

観光案内所

住所 41 Cours Jean Jaurès

04-32-74-32-74

時間 9~18時(日曜、祝日は9時45分~17時)。7月は~19時(日曜、祝日は9時45分~17時)。11~3月の土曜は~17時、日曜は10時~12時

㊡1月1日、12月25日

 

1DAY みどころモデルルート!

 

 

10:00 見学時間15分

1、時計台広場

カフェのテラス席が賑わいを見せる街の中心部。14~15世紀の時計塔を抱く市役所、モリエールも演劇を上演した19世紀の劇場など美しい建物が並ぶ。夜のライトアップは格別です。

10:25 見学時間120分

2、法王庁宮殿

14世紀に7人の法王が住んだ宮殿。世界最大級のゴシック様式建築で、延べ面積1万5000㎡、外壁は50mの高さがある。建物はベネディクト12世時代に建てられた簡素な宮殿と、クレメンス6世時代の豪華な新宮殿に分かれる。

12:25 見学時間30分

3、サン・ベネゼ橋

12世紀に「ローヌ川に橋を」と神のお告げを聞いたベネゼ。民衆に狂人扱いされましたが、巨大な石を川に投げ込む奇跡を見せ、橋の建造に至った。1226年は十字軍に破壊され、再建されましたが17世紀のローヌ川の増水で半壊し、今の姿になりました。

 

中世はキリスト教世界の首都!

 

ヨシ
ローマ時代に重要都市だったアヴィニヨン。12世紀建造のサン・ベネゼ橋はローヌ川の最下流に位置し、地中海沿岸と北方の街をつなぐ通商の要としてさらに発展しました。13世紀に十字軍との戦いで街は破壊され、イタリア教会派司教の保護区に。14世紀初頭、フランス王とローマ教皇の確執が起こり、教皇が避難してきたことから約1世紀の間、法王庁が置かれました。キリスト教世界の首都として宮殿が築かれると、宗教・外交・芸術・商業活動の中心地に。「L`Altera Roma」(もうひとつのローマ)と呼ばれるほど賑わいを見せる。17世紀ごろは商業で潤った貴族が絢爛豪華な館を建造しました。

 

法王庁宮殿を中心にぐるりと歩こう!

 

ヨシ
スタート地点は賑やかな時計台広場から。優美な時計台と市役所、劇場を鑑賞したら広場北側の細い道を抜け、宮殿前の広場へ。世界遺産の法王庁宮殿のみどころポイントは25ヵ所。なかでも礼拝堂や教皇の寝室、鹿の間は装飾が素晴らしく、栄華の時代をうかがい知れます。オレンジ色の瓦屋根が美しい街並みを一望できる新宮殿屋上もおすすめです。出口は裏手にあり、宮殿に沿って右方向に進むと広場に戻ります。広場の中ほど、左端の細道を降り、”Pont Saint Bénezet”の看板に従って城壁方面に進むと、サン・ベネゼ橋に至る。ここから見るローヌ川の雄大な姿は心に残ります。

 

おすすめスポット!

 

ア・ドゥ・パ・デュ・ポタジェ

 

地元の人々絶賛の菜園レストラン!

 

ヨシ
街の郊外にありますが、いつも満席の一軒家レストランです。敷地内の菜園で作る野菜やハーブ、地元の旬の食材で美食メニューを創作します。厨房はシェフ1人でまかない、料理の隅まで目が行き届いています。タクシーを飛ばしていく価値あり。

 

交通 法王庁から車で7分

住所 46 Rue Edmond Delteil

☎04-90-85-46-41

時間 12~14時、20~22時

㊡月曜、火曜の昼、日曜の夜

要予約

 

スポンサーリンク
 

メットル・パニッス

スポンサーリンク

 

焼きたての無添加パンがずらり!

 

ヨシ
駅からジャン・ジョレス大通りを進むとすぐ右にあるパン屋さんです。天然素材を使い、昔ながらの製法で焼き上げるボリュームたっぷりのパンが地元っ子に人気です。おすすめは3種のチーズや生ハムを練り込んだグルマンGourmand€1.05シリーズです。

 

交通 法王庁宮殿から徒歩5分

住所 45 Cours Jean Jaurès

☎04-90-85-80-62

時間 7時15分~19時30分

㊡日曜

 

レ・ゾリヴァード

 

プロヴァンスプリントの老舗!

 

ヨシ
南フランスの自然や色彩をモチーフにするプロヴァンスプリント生地の老舗。ここアヴィニヨン店は2007年夏に開店したコンセプトストア。テーブルウェアや食器が充実し、オーダーメイド(日本への配送可、送料別)も受け付けています。

 

交通 法王庁宮殿から徒歩7分

住所 56 Rue Joseph Vernet

☎04-90-86-13-42

時間 10~13時、14~19時

㊡日曜

 

ラ・ミランド

 

教皇殿を望む優雅な4つ星ホテル!

 

ヨシ
法王庁宮殿の裏に面する美しいホテルです。もとは17世紀に建てられた枢機卿の館で、優雅な佇まいと落ち着いた雰囲気が魅力です。各部屋の内装はすべて異なり、プロヴァンスのインテリアを品よくアレンジしています。有機素材にこだわるレストランはミシュラン1つ星。味わい深い料理はアヴィニヨン随一の素晴らしさです。レストラン休日の夜に催されるターブル・ドット(14人限定、飲み物込み€92)も人気です。

 

交通 法王庁宮殿から徒歩すぐ

住所 4 Place de la Mirande

☎04-90-85-93-93

料金 €310~

 

まとめ

 

フランス アヴィニヨンを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

アヴィニヨン観光の参考になれば幸いです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
 

Overseas travel!

 

フランス エクス・アン・プロヴァンスってどんなとこ?中世の館と噴水が美しい静かな古都!

フランス ニースから日帰り可能!中世の街並み残る2つの鷲の巣村(エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス)!

フランス ニースってどんなとこ?めっさ気持ちいい海沿いの散歩道と旧市街をブラブラ歩き!

フランスの空港から市内への行き方!パリの空港からパリ市内への行き方をまとめてみました!フランス観光の参考になれば幸いです!

フランスSAINT LAURENT NOUANでアントニーに拾われてホームステイ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す