パリ旅行でパリを感じるカフェ老舗&注目15軒!食事に休憩に大活躍!

 

Hi! everyone! yoshiです!

Are you traveling?

 

スポンサーリンク
 

 

ヨシ
パリのあちこちで見かけるカフェは、街の人々の癒しスポットです!朝から夜まで営業し、コーヒータイムから食事までさまざまに利用できます。必ず訪れたい老舗から隠れ家的カフェまで、おすすめの15軒を厳選!

 

美食の国をパリで楽しもう!

 

カフェの基本!

1、パリジャンの利用スタイル

朝はカウンターでカフェとクロワッサン、昼はランチ、夕方~深夜にかけてワインやアルコールを楽しみます。終日食事をサーブする店も多く、レストランのオープンタイムを逃した時にときにもGOOD!

2、カウンターとテーブルの違いは?

カウンターはテーブル席より料金が安く、サービスも早い。ドリンクはカウンター、食事の場合は基本的にテーブル席ですが、カウンター席でさっと食事をとるビジネスマンの姿もたびたび見かける。

3、オーダー&支払い方法は?

「メニューをお願いします」は「La carte s`ilvous plaît」(ラ カルト スィルヴプレ)。オーダーは指さしでもOK!支払いは現金またはカードで。カードの場合、15ユーロ~と支払い最低額を設定している店も多いです。

こんな時、どうするの?

1、ギャルソンが来ない!

パリのサービスは日本よりゆっくりです。新しい客が来ても、忙しい時は新規オーダーを後回しにすることも。気長に待ってみよう。

2、支払いは要求=帰らなきゃダメ?

ギャルソンは労働時間の終わりがきたら、担当したテーブルをすべて精算していきます。だから、支払った後でもゆっくり過ごしてもOKです!

3、チップは必要?

テーブル席の場合、多くは必要ありませんが、ドリンク1杯につき10~20¢(サンチーム)ほど置くのがスマート。ランチの場合は1人1~2ユーロ程度でOKです。

 

歴代の著名人も通った老舗カフェ!

 

まず行くべきは老舗。歴史を感じるインテリアや洗練されたサービスを堪能しよう!

 

カフェ・ドゥ・レポック

 

パリ随一の美しい回廊とともに生き続ける!

 

ヨシ
1826年、パリで一番美しいと評判のパサージュ・ヴェロ=ドダと同時に誕生したカフェです。丸いランプや鏡張りの店内はとてもシックですが、170年以上も内装を変えてないというから驚きです!昔のレシピで作る食事やデザートも好評で、ゆで卵とマヨネーズの前菜(ウッフ・マヨ)のレベルが高いことでも有名です。

 

誰の御用達?

エディエンヌ・マルセル、パレ・ロワイヤル界隈に勤務するモード編集者やファッショニスタ、ショップスタッフなど、ルーヴル美術館関係者も。

 

交通 メトロ①Louvre-Rivoli

住所 12 Rue Croix-des-Petits 75001

☎01-42-33-40-70

時間 7時30分~23時

㊡なし

 

レ・ドゥ・マゴ

 

文豪たちが通ったサン・ジェルマンの老舗!

 

ヨシ
1885年、サン・ジェルマン・デ・プレ地区に創業。現在の位置には1914年に移転しました。アポリネールやサルトル、ボーヴォワールが通った文学カフェとしても有名です。毎年秋にはドゥ・マゴ文学賞も開催されます。オムレツなど評判の軽食のほか、19時からはタルタルやステーキなど食事メニューもあります。

 

誰の御用達?

ピカソ、フジタ、サン・テグジュベリ、アンドレ・ブルトン、ルイ・アラゴン、ポール・エリュアール、エルンストなど名だたる文豪や芸術家。

 

交通 メトロ④Saint-Germain des Près

住所 6 Place Saint-Germain des Près 75006

☎01-45-58-55-25

時間 7時30分~翌1時

㊡なし

 

カフェ・ドゥ・フロール

 

女優やセレブリティの御用達カフェ!

 

ヨシ
サン・ジェルマン大通りに面する1887年創業のカフェです。20年代は文学者が、60年代にはブリジット・バルドーなどの有名女優やイヴ・サンローランといったデザイナー、そして現在はカール・ラガーフェルドやカトリーヌ・ドヌーヴなど時代のセレブが集う。歴史を感じる内装が美しい1階と静かな2階席があります。

 

誰の御用達?

ソニア・リキエルなどのデザイナー、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジョニー・デップ、シャロン・ストーン、ソフィア・コッポラ、ルー・ドワイヤンなど。

 

交通 メトロ④Saint-Germain des Près

住所 172 Bivd. Saint-Germain 75006

☎01-45-58-55-26

時間 7時30分~翌1時30分

㊡なし

 

フーケッツ

 

映画に縁深いシャンゼリゼの名店!

 

ヨシ
1889年創業、歴史的建造物にも指定される美しいカフェです。シャンゼリゼの顔ともいえる場所で、60年代にはゴダールやヌーヴェルヴァーグの巨匠が通っていました。現在はフランスのオスカーといわれるセザール賞のパーティーを毎年2月に開催。店内には俳優や監督の写真が多数貼られています。

 

誰の御用達?

ジャン・ギャバン、マルセル・カルネ、クロード・シャブロル、フランソワ・トリュフォー、ジャン=リュック・ゴダール、リュック・ベッソンなど。

 

交通 メトロ①George V

住所 Av. des Champs-Élysées 75008

☎01-40-69-60-50

時間 8時~翌2時(レストランは12時~14時30分、19時~翌0時30分

㊡なし

※レストランは予約

 

ル・セレクト

 

1923年創業のアメリカンカフェ!

 

ヨシ
創業当初より文豪ヘミングウェイやフィッツジェラルドなど、著名アメリカ人たちが愛用していたことで知られるモンパルナスの老舗カフェです。グリーンのファザードには、その名残の「American Bar」の文字が記されています。陽光の差し込むテラス席は、くつろぐ常連客でいっぱいです。

 

誰の御用達?

ヘンリー・ミラー、スコット・フィッツジェラルド、アーネスト・ヘミングウェイ、ピカソ、コクトーなど。現在は俳優のミッシェル・ピコリや映画関係者が集う。

 

交通 メトロ④Vavin

住所 99 Blvd. du Montparnasse 75006

時間 7時~翌3時

㊡なし

 

ラ・パレット

 

アートの香りたっぷりの和カフェ!

 

ヨシ
1900年から続くこのカフェは、緑に囲まれた美しいテラスが人気です!近くの国立美術大学の学生やアーティストが集まる場所で、店内は多数の油絵が飾られた芸術的なムードです。サン・ジェルマン大通りからセーヌ河に抜ける小道にあり、静かなカフェタイムを過ごせるのも魅力です。食事のサービスはランチのみです。

 

誰の御用達?

ソフィア・コッポラ、バンジャマン・ビオレ、ギヨーム・ロネ(歌手)、アーティスト、近隣のギャラリー勤務の人々、国立美術大学の学生や教授など。

 

交通 メトロ⑩Mabillon

住所 43 Rue de Seine 75006

☎01-43-26-68-15

時間 8時45分~翌2時(ランチは11時30分~16時)

㊡なし

 

オー・プティ・フェール・ア・シュヴァル

 

100年前のレトロなインテリアが魅力!

 

ヨシ
馬の蹄鉄の形をしたカウンターから「小さな馬の蹄鉄」と命名されたカフェです。オープンは1900年。当時のインテリアをそのまま保ち続け、店内にはダイヤル式電話や昔の地下鉄のベンチなど、懐かしいアイテムがあります。カウンター奥にはテーブル席があり、深夜でも食事ができます。

 

誰の御用達?

ベルナデット・ラフォン、キム・ロス、ロマン・ジュリアナなど女優や俳優、雑誌エディター、スタイリストなどファッション関係の人々。

 

交通 メトロ①St-Paul

住所 30 Rue Vieille du Temple 750 04

☎01-42-72-47-47

時間 8時~翌2時(食事は12時~翌1時15分)

㊡なし

 

スポンサーリンク
 

カフェ・ジャックマール・アンドレ

 

壮麗なインテリアの美術館カフェ!

 

ヨシ
ジャックマール・アンドレ美術館に併設。もちろんカフェのみの利用も可能です。ゴールドと深紅を基調としたシック&ゴージャスな内装の中で、常時約10種揃えている評判の自家製ケーキを楽しみたいですね!

 

誰の御用達?

美術館の見学者だけでなく、カフェだけを目当てに来る利用客も多いです。インテリアが女性好みなので、圧倒的におしゃべりを楽しむマダムが多い。

 

交通 メトロ⑨⑬Miromensnil

住所 158 Blvd. Haussmann 75008

☎01-45-62-11-59

時間 11時45分~17時30分

㊡なし

 

ル・フュモワール

 

ムードたっぷりの広々カフェ!

 

ヨシ
ルーヴル美術館の東端にある「喫煙所」という意味のカフェです。ただし、現在はほかのカフェ同様テラス席でしか喫煙はできないのでご注意を!広いメインフロアと図書館付きの奥の小部屋があり、朝のカフェ、昼食、午後のお茶、夜の食事&バータイムが楽しめます。

 

誰の御用達?

ランチを楽しむ近隣オフィスのビジネスマンや、終日を通して訪れる美術館やギャラリーなどの関係者、ティータイムには優雅なマダムたちも。

 

交通 メトロ①Louvre Rivoli

住所 6 Rue de l`Amiral-Coligny 75001

☎01-42-92-00-24

時間 11時~翌2時

㊡なし

 

近年オープンの個性派の話題カフェ!

 

それぞれに工夫を凝らした最新カフェは、カジュアルなものから隠れ家風のものまでさまざまです!

 

シネマ・デュ・パンテオン・ル・サロン

 

映画館の中にある隠れ家的カフェ!

 

ヨシ
老舗映画館のシネマ・デュ・パンテオ2階に2007年オープン。北欧やアフリカなど、さまざまなテイストがミックスされたシックな内装を手掛けたのは、女優のカトリーヌ・ドヌーヴです。雰囲気だけでなく、新鮮な素材を使った料理も評判を呼んでいます。

 

誰の御用達?

カトリーヌ・ドヌーヴをはじめ俳優、監督やジャーナリストなどの映画関係者。シネフィルと呼ばれる熱狂的な映画ファンたちが上映前後に集う。

 

交通 メトロ⑩Cluny la Sorbonne、RER B線Luxembourg

住所 13 Rue Victor Cousin 75005

☎01-56-24-88-80

時間 12時30分~19時

㊡土・日曜

 

ル・カフェ・フォション

 

モダンな内装の中で優雅にディータイム!

 

ヨシ
高級食材店フォションの2階にあります。朝食から観劇後のシャンパンまで、一日中ゆったりと利用できます。2008年に改装をした店内はクリスチャン・ベール氏が手がけたウルトラモダンなインテリアです。フランス各地の厳選素材を使った本格的な料理も好評です。

 

誰の御用達?

ブルジョワ階層のマダムやビジネスランチを楽しむ男性など。劇場が近いので演劇や舞台関係者や俳優、ミュージシャンたちが打ち合わせする姿も。

 

交通 メトロ⑧⑫⑭Madeleine

住所 30 Pl. de la Madeleine 75008

☎01-70-39-38-00

時間 9~23時

㊡日曜、祝日

 

カフェ・レアル

 

チェイルリー公園内で日光浴を!

 

ヨシ
メニューはイタリア料理が中心で、ランチセットや手軽に食べられる軽食類が充実。エスプレッソ2.20ユーロ~。公園の風景を楽しみながらどうぞ。

 

交通 メトロ①Tuileries

住所 Kiosque Nord-Ouest Jardin des Tuileries 75001

☎01-42-96-63-03

時間 9~18時30分(4・5・6月は~20時、7・8月は~22時)

㊡なし

 

ル・プセット・カフェ

 

子供連れのママも気軽に利用可能!

 

ヨシ
パリでは貴重な、子供と一緒に楽しめるカフェです。料理はなるべく自然の素材を使用し、乳幼児メニューをはじめ、どれも優しい味付けです。ママ以外の客ももちろんOK!

 

交通 メトロ⑦Cadet/Poissonniere

住所 6 Rue Pierre Semard 75009

☎01-78-10-49-00

時間 10時30分~18時30分

㊡日・月曜

 

セザム

 

運河に面したオーガニック・カフェ!

 

ヨシ
NYのデリをイメージした、フレンドリー&カジュアルな雰囲気の店です。料理には野菜を多用し、できる限りビオ食材を使う。夕方からのワイン&スナックセット5ユーロも好評です。

 

交通 メトロ③⑧⑨République

住所 51 Quai de Valmy 75010

☎01-42-49-93-21

時間 10~21時

㊡なし

 

ラ・ベル・オートンス

 

地元っ子で賑わうカルチャーバー!

 

ヨシ
マレの中心にあります。店内の壁にはオーナー自らが選んだ本が並び、書店としても人気です。さらに絵画などの展覧会を催すこともあります。常連客が多いですが、旅行客も大歓迎とのことです。

 

交通 メトロ①St-Paul

住所 31 Rue Vieille du Temple 75003

☎01-48-04-71-60

時間 18~翌2時

㊡日曜

 

スポンサーリンク
 

カフェの定番メニュー事典!

(ドリンク類)

カフェ・ドゥブル・カフェ

カフェ=エスプレッソのことで、ミルクは付かない。ドゥブル・カフェは値段も量も倍です。

カフェ・クレーム

ミルク入りのコーヒー、カフェオレ。「Un Crème」(アン・クレーム)と頼んでも通じます。

ショコラ・ショー

ホットココア。すでに砂糖が入っていて、甘みも濃厚。冬の人気メニューのひとつです。

オランジーナ

炭酸入りオレンジジュース。甘さ抑えめで飲み心地爽やかな清涼飲料水です。

ペリエ

炭酸入りミネラルウォーター。レモンスライス、氷入りのグラスと一緒に出されます。

ヴァン・ルージュ

赤ワイン。白はVin Blanc(ヴァン・ブラン)。グラスは「アン・ヴェール・ドゥ・・・」と注文しましょう。

(フード類)

タルティーヌ

バゲットを半分に切り、バターを塗ったメニュー。朝食用にピッタリです。

タルト

季節のフルーツを使ったデザート。リンゴや洋ナシも定番です。

サンドウィッチ

基本的にバゲットを使用。具はハム&チーズが最もポピュラーです。

クロック・ムッシュー

パンにハムとホワイトソースをはさみ、チーズをのせて焼いたもの。サラダが付いてきます。

クロック・マダム

クロック・ムッシューに目玉焼きをのせたボリュームある一品。ランチにぴったりです。

ステーク・フリット

ステーキとカリッと揚げたフライドポテトの付き合せ。肉は焼き方を指定ください。

 

まとめ

 

パリのおすすめカフェをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

パリ観光の参考になれば幸いです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
 

Overseas travel!

 

定番ホテル予約サイト一覧表!国内/海外旅行のお役にたてれば私も嬉しいです!

おすすめクレジットカード厳選6!海外旅行はもちろん、カードを持っていないとなにかと不便ですよね!

海外旅行に持っていくものって何?絶対にいる物とあると便利な物!

パリ旅行でワイン片手に味わいたい!ご馳走を求めてレストラン&ビストロへLet’s go!

パリ旅行でナイトショーを楽しもう!パリでしか見ることができない貴重な体験をしに行こう!

 


コメントを残す