フランス ロワール地方にあるクロ・リュせってどんなとこ?”万能の人”レオナルド・ダ・ヴィンチ終焉の地!

 

Hi! everybody! yoshiです!

Are you traveling?

 

スポンサーリンク
 

 

クロ・リュセってどんなとこ?

 

敷地内にはレストランやみやげ店もあります。

 

 

ダ・ヴィンチの寝室です。

 

 

ダイニングにはダ・ヴィンチが描いた名画のレプリカが飾られています。

 

 

ルネッサンス様式の家具が揃えられたリビングです。

 

ヨシ
イタリア・ルネッサンスを代表する偉人レオナルド・ダ・ヴィンチ。本業は画家ですが、その才能は絵画にとどまらず、彫刻、建築、土木、科学、解剖学など、さまざまな分野に大きな足跡を残しました。彼が晩年を過ごした館が、アンボワーズの街はずれにあるクロ・リュセです。イタリアのルネッサンス芸術に感動したフランソワ1世の招きでこの地を訪れ、どの期待に応えるべく、城の設計に没頭しました。フランソワ1世はダ・ヴィンチの才能に感服していましたが、わずか3年の滞在でこの世を去ることになりました。館内ではダ・ヴィンチの空想の発想メモから再現した飛行機の模型などを展示しています。2003年には生誕550年を記念して、レオナルド・ダ・ヴィンチパークがオープンしました。天才が遺した偉業の一端にふれてみよう。

 

Petit ロワール通!

稀代のマルチ芸術家! レオナルド・ダ・ヴィンチ!

 

1452~1519年、イタリア・フィレンツェ郊外にあるヴィンチ村生まれ。多分野において才能を発揮し、”天才”と称される。絵画の代表作は『モナリザ』『最後の晩餐』など。ルネッサンスに感銘を受け、1516年に彼を招き寄せたフランソワ1世は、アンボワーズ城の近くに屋敷(クロ・リュセ)を与えました。ダ・ヴィンチが最後まで手元に置き仕上げた作品群は、彼の死後フランソワ1世の所有物となり、のちにルーブル美術館のコレクションに加わることになる。

 

アンボワーズ城の象徴サン・チュベール礼拝堂には、ダ・ヴィンチの遺骨が葬られています。

 

 

スポンサーリンク
 

 

必見! クロ・リュセのみどころ!

 

ダ・ヴィンチの寝室

 

ヨシ
ダ・ヴィンチは1519年5月2日に、この部屋で息を引き取り、67歳の生涯を閉じました。生前は窓からアンボワーズ城を眺め、スケッチをしたといいます。ルネッサンス様式の室内では、そのデッサンも見ることができます。

 

礼拝堂

 

ヨシ
シャルル8世が妻アンヌ・ド・ブルターニュ王妃のために造った、小さな礼拝堂です。ブルターニュ女公でもあるアンヌは、シャルル8世、ルイ12世と二代にわたるフランス王の王妃になった人物です。彼女が健在の間、ブルターニュの独立は守られました。

 

交通 アンボワーズ駅から徒歩20分

☎02-47-57-00-73

時間 9~19時(季節によって異なる)

㊡1月1日、12月25日(レオナルド・ダ・ヴィンチパークは12月~翌2月休園)

料金 12.50ユーロ(冬季は9.50ユーロ)

 

まとめ

 

フランス レオナルド・ダ・ヴィンチが晩年を過ごしたクロ・リュセを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

クロ・リュセ観光の参考になれば幸いです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
 

Overseas travel!

 

フランス ロワール地方にあるユッセ城ってどんなとこ?『眠れる森の美女』の舞台となった城!

フランス ロワール地方にあるシュベルニー城ってどんなとこ?狩猟の伝統をもつ城主一族のプライベート・シャトー!

フランス ロワール地方にあるアンボワーズ城ってどんなとこ?歴代の王に愛され続けたフランス王家の大いなる遺産!

フランス ロワール地方にあるアゼー・ル・リドー城ってどんなとこ?文豪バルザックが自身の小説で絶賛!

フランス ロワール地方にあるショーモン城ってどんなとこ?アンリ2世に翻弄された2人の女性の逸話が彩る!

 


コメントを残す