フランス・サン・マルタン運河、北マレ、ベルヴィル、ベルシーってどんなとこ?パリを遊ぼう!エリア別お散歩指南!PART6!

 

Hi! everyone! yoshiです!

Are you traveling?

 

スポンサーリンク
 

ヨシ
常に進化を続けるパリの街。定番の名所・旧跡のあるエリアだけでなく、新しく開発され、市民の憩いの場やクリエイティブなスポットが次々と登場しています。新世代のパリジャンらに注目されているエリアを紹介します!

 

サン・マルタン運河周辺

 

こんなエリアです!

レピュブリック広場の北から19区ジョレス駅まで延びるエリアには、ブティックやカフェ、レストランが続々と進出。鉄製の架け橋に遊覧船、昔ながらの水門など、のどかな雰囲気は変わらず、ピクニック・スポットとしても人気です!

●街歩きのヒント●

ジャック・ボンセルジャン駅(メトロ⑤号線)やレピュブリック駅(メトロ③⑤⑧⑨⑪号線)が便利です。

 

北マレ周辺

 

こんなエリアです!

パリ3区と4区に広がるマレ地区のうち、ブルターニュ通りを中心とする3区エリアが北マレです。アートギャラリーや個性派ブティックが集中し、最新モードで決めたオシャレパリジェンヌ・ウォッチングにも最適です!

●街歩きのヒント●

フィーコ・デュ・カルヴェール駅、サン・セバスチャン・フロワサール駅(ともにメトロ⑧号線)を利用。マレ散策のついでに足を延ばしてもいいですね。

 

 

スポンサーリンク
 

ベルヴィル

 

こんなエリアです!

パリ北東部の10・11・19・20区と4つの区が交差する。庶民的な下町は、現在最大の13区に次ぐ中華街を擁します。北アフリカ系移住者やアーティストも集まり、コスモポリタン都市らしいカラフルで独特な地区となっています。

●街歩きのヒント●

ベルヴィル駅~メルニモンタン駅(メトロ②号線)に欠けてが該当エリアです。夜の治安は安全とは言いきれないので、夜の街歩きはなるべく避けてください。

 

ベルシー

 

こんなエリアです!

1860年まで、ここはパリから独立した村で、城壁外の免税地域でワイン流通が盛んでした。やがて衰退したワイン業務に代わって、20世紀末以降は開発が進み、新しい建物が造られていきました。ワイン倉庫を改造したショッピング・スポット、ベルシー・ヴィラージュもその一つです。

●街歩きのヒント●

30軒以上のレストランやブティックがあるベルシー・ヴィラージュはクール・サン・テミリオン駅(メトロ⑭号線)を出てすぐ。日曜も営業しているので気軽に立ち寄ろう!

 

まとめ

 

新しいパリの観光スポットをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

パリ観光の参考になれば幸いです!

最後まで読んでくれて、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
 

Overseas travel!

 

定番ホテル予約サイト一覧表!国内/海外旅行のお役にたてれば私も嬉しいです!

おすすめクレジットカード厳選6!海外旅行はもちろん、カードを持っていないとなにかと不便ですよね!

海外旅行に持っていくものって何?絶対にいる物とあると便利な物!

フランスの世界遺産・全42ヵ所をまとめてみました!素晴らしいフランスの世界遺産を巡ろう!

フランス旅行の参考に!お役立ちカレンダー!(祝祭日、イベント、食べ物、服装、平均気温)などをまとめてみました!

 


コメントを残す