日本から海外への出国手続きはどうしたらいいのか?わかりやすく書いてみました!

 

Hi! everyone! yoshiです!

Are you traveling?

 

スポンサーリンク
 

絶対に必要なものはパスポート!

私のパスポートです。

引用元:関西国際空港

ヨシ
まず、「パスポートがないと日本から出国することはできません!」 旅行に行く前にはパスポートを忘れることがないように準備しておきましょう! また、パスポートの有効期限や国によっては事前にビザ(ビザとは、日本語で査証と言われるもので日本国籍を持つ人がほかの国に入国する際に、入国するに値する資格を持つことを証明する書類のことです。)が必要なので、ビザの必要な国へ行く場合は事前にビザの取得が必要です。

 

パスポートの作り方はこちらから➡パスポートの作り方!

 

空港に着いたら、まずは搭乗手続きをすること!

 

ヨシ
空港へは時間的に余裕をもって行きましょう!(私の場合はだいたい2、3時間前には空港へ到着するようにしています!) 理由はもし交通事故や渋滞、電車の事故などで飛行機の出発に間に合わなかったらいけないからです! せっかの旅行を台無しにしたくはないですよね? そして自分がチケットを買った航空会社で搭乗手続きを行います!

 

1、オンラインチェックイン

引用元:オンラインチェックイン

 

ヨシ
オンラインでチェックインを済ませておいて、当日はスマートフォンか印刷をした搭乗券を持参する方法です。 航空会社によっては自動チェックインをしてくれるところもあります。 後は預ける荷物があれば荷物を預けるカウンターへ。 荷物がなければそのまま保安検査場へ行きます。 チェックインの所要時間が一番短く済む方法です。

 

2、空港での自動チェックイン

引用元:自動チェックイン機

 

ヨシ
自動チェックイン機に予約番号を入力やパスポートの読み取りなどを行うと、搭乗券が発券されます。 預ける荷物があれば荷物を預けるカウンターへ向かいましょう。

 

3、各航空会社のカウンターでチェックイン

引用元:カウンター

 

ヨシ
先の2つの方法でチェックインができない場合は、この手続きを行うことになります。 カウンターで対応してくれるので安心ですが手続きの所要時間が長くなることがあります。(私のお勧めはカウンターです。 カウンターが1番間違いないからです。)

 

機内持ち込み荷物と預け入れ荷物の確認

 

ヨシ
チェックインの時かそのあとに預け入れ荷物を航空会社に預けることになります。 預けた荷物は経由地か目的地で受け取ることになるので、それまでに機内で必要なものは機内持ち込みのバッグなどに入れておきましょう。

 

スポンサーリンク
 

機内に持ち込めないもの

 

ヨシ
これは航空会社によって違うのですが基本的な部分を書いておきます。

 

1、ライターやマッチ、ガスボンベ、火薬などの燃えるもの(リチウムイオン電池もダメですが、携帯やノートパソコン、デジタルカメラはOK)

2、ナイフなどの刃物類

3、100ミリℓ以上の液体物(ペットボトルのジュースなんかも持ち込めないので、飲んでしまうか、捨てないといけません。)

4、ゼリー、プリン、ヨーグルト、漬物、缶詰、みそ、シャンプーセットなど、歯磨きチューブ、美容スプレー、洗顔料、ヘアクリームなども持ち込み禁止ですが、100ミリℓ以下の個々の容器で、それらの容器を1ℓ以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れたものは持ち込み可能)

 

保安検査場へ

引用元:保安検査場

 

ヨシ
チェックイン後は保安検査場へ進みます。 中に入ると後戻りできないので、その前に忘れ物などないか注意しましょう。 搭乗ゲートはチケットに書かれているので出発便の案内モニターなどと照らし合わせて近くの保安検査場へ進みましょう。 ここではパスポートと搭乗券(飛行機のチケット)を確認されるので、すぐに取り出せるようにしておくか手に持っておくとスムーズですよ。 係員の指示に従って手荷物検査を受けます。 ポケット内の持ち物やカバンの中に入れている物を出して(携帯電話やパソコンなど)をトレーに入れて金属探知機のゲートをくぐります。

 

出国審査

引用元:出国審査

 

ヨシ
保安検査場を通過すると出国審査を受けることになります。 グループでの旅行でも1人ずつ審査するのが基本ですが、子供を連れている場合などは一緒に審査を受けることができます。 順番が来たらパスポートと搭乗券を出します。 パスポートの写真と顔を照合され、パスポートに出国スタンプを押されて審査は終了です。

 

自動化ゲートで出国審査を受けることも

引用元:自動化ゲート

 

ヨシ
夏休みや年末年始、大型連休などの時期になると出国審査は混雑します。 そのような混雑の緩和のために自動化ゲートが導入されている空港もあります。 日本では成田空港(第1・2ターミナル)、羽田空港、中部空港、関西国際空港に自動化ゲートが設置されています。 自動化ゲートを利用する際には、申請書を記載し利用者登録を行います。 近くにいる空港スタッフが指示しているのでそれに従いましょう。 利用登録後はゲートでパスポートと指紋を照合することで本人確認をして出国手続きをします。 この時パスポートに出国スタンプは押されません。 スタンプを希望する場合はゲートを通過する際に空港スタッフへ声をかけましょう。

 

飛行機に乗って出国する

 

ヨシ
出国審査が終わるといよいよ飛行機に乗って旅立ちですね。 出国審査が終わると飛行機の搭乗エリアに入って飛行機の搭乗時間までを過ごします。 搭乗エリアではお店なんかもありますので、買い物をしたり携帯をフライトモードにしたり搭乗時間まではゆっくり過ごすことができます。 そして飛行機の搭乗時間がきたら飛行機へ搭乗です。 「それでは良い旅を!」

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク
 

Overseas travel!

 

パスポートの作り方!これを読めば誰でも簡単につくれーるよ!

ビザの所得方法とは?ビザがいらない国もあれば、いる国もある!

海外旅行に持っていくものって何?絶対にいる物とあると便利な物!

2018年5月、無料Wi-Fiが使える飛行機と有料の飛行機はどれですか?

ソウルの観光スポットとは?ロッテデパートで友達を作りました!韓国料理はメチャクチャ辛い!

フランス サン・ローラン・ヌーアンからヒッチハイクでスペインに向かう!

 


コメントを残す