フランス古城めぐり上級者のためのOne more攻略講座!移動手段や宿泊、近隣の街観光もこれで充実!

 

Hi! everybody! yoshiです!

Are you traveling?

 

スポンサーリンク
 

 

ロワール河沿いに点在するロマンチックな城の数々。限られた時間の中で効率よく回りながらも、充実した旅にするための方法をいくつかご紹介!

 

トゥール Tours

 

 

観光案内所DATA

住所 78-82 Rue Bernard Palissy

02-47-70-37-37

時間 8時30分~19時(日曜、祝日は10~12時30分、14時30分~17時)。9~3月は9~12時30分、13時30分~18時、(日曜は10~13時)

 

早わかり

駅南からロワール河に向かって北にまっすぐ行くと、右に美術館、大聖堂があります。ここからColbert通りを左に行くと旧市街の中心部になります。

 

アクセス

パリ・モンパルナス駅からフランス国鉄SNCFのTGVトゥール行きで約1時間、終点下車。1日約18本

 

第1講 現地のツアーバスやレンタカーに挑戦してみましょう!

 

人気の城めぐりをコンパクトにまとめたセットプランと、自分の好きなように周れるレンタカー。車窓からの風景も楽しみのひとつです。

 

トゥール発ツアーバスの利用!

 

ヨシ
トゥールを起点に、グループツアーのバスが数多く出ています。主要ホテルへの送迎もしてくれるものもあります。どのツアーもトゥールの観光案内所がまとめて予約を受け付けており、前日までに申し込めば確実です。発着はどのツアーも、観光案内所とその前にある劇場との間のスペースです。主に午前コースは9時ごろ出発、午後コースは13時ごろ出発。大半が市内からシャトーへの送迎のみで、入場料や昼食代は別になっています。タクシーによるツアー(☎02-47-20-30-40)もあります。4人乗りでトゥール市内のホテルからシュノンソーへの2時間15分コース(料金 月~土曜80ユーロ、日曜110ユーロ。入場料別)など。

 

コースの例

半日コース

アゼー・ル・リドー城、ヴィランドリー城

所要時間 3時間

料金 20ユーロ

催行日、出発時間 火・木・土曜の午前

備考 入場料別、食事なし

 

シュノンソー城&アンボワーズ城、クロ・リュセ、シュノンソー城のカーヴ

所要時間 5時間10分

料金 27ユーロ

催行日、出発時間 火・木曜の午後

備考 入場料別、食事なし

 

1日コース

アゼー・ル・リドー城、ヴィランドリー城、アンボワーズ城ほか

所要時間 9時間25分

料金 44ユーロ

催行日、出発時間 火・木曜

備考 入場料別、食事なし

 

シャンボール城、シュヴェルニー城、シュノンソー城ほか

所要時間 9時間25分

料金 50ユーロ

催行日、出発時間 月・水・金曜

備考 入場料別、食事なし

 

上記の問い合わせ先はこちら➡ACCO-DISPO

 

レンタカー 1泊2日マイペース旅

 

ヨシ
自分のペースでめぐるには、車が一番!古城はロワール河沿いに点在するので、川と平行するN152号線やD751号線を利用しましょう。

 

1日目

トゥール駅構内のエイビス(☎02-47-20-53-27 ㊡日曜)で車を借りる。希望の車種がない場合もよくあるので、前日までに予約しましょう。1日に見学できる城は3つ~4つが目安。冬季は12~14時に昼休みをとる城もある。車を借りたらトゥール市内を抜けて、シュノンソー城、アンボワーズ城へ。昼食はアンボワーズ市内でとっておきましょう。レストランは城門前に集まっています。午後はクロ・リュセの館を見学後、続いてショーモン城へ。夕方にブロワの街に入り、ここで宿泊。

 

2日目

朝一番でブロワ城を見学し、シュヴェルニー城へ向かう。昼食は、城から1㎞ほど離れたクール・シュヴェルニーの街で。この街は上質のワインでも知られる。昼食後シャンボール城に向かい見学。これで城めぐりは終了。あとはD33号線でブロワに出て、ロワール河沿いにトゥールまで一気にドライブ。または、このあとパリに戻るなら、トゥールと逆方向にオルレアンまで行って車を返却してもいいですね。オルレアンからパリまで電車で1時間です。トゥールからパリもTGVで1時間です。車の返却は、各レンタカー会社の駐車場に車を止め、キーを会社事務所で手渡すか、事務所脇のポストに入れればOK。車を借りる時に返却方法をしっかりと確認しておきましょう。

 

第2講 中世のお城に泊まって王侯貴族気分になりましょう!

 

ロワールの古城とシャトーホテル!

 

ヨシ
トゥールからブロワまでの約40㎞、ロワール河に沿って車を走らせると、こんなにもたくさんの城があるのかと思うほど、城の案内板を目にします。河沿いには、アンボワーズ城やシャンボール城のように観光用として公開されているものが約40ヵ所。そのほかに、古城を宿泊施設として改装されているシャトーホテルが無数に点在しています。シャトーホテルは、トゥールを中心に、主にロワール河沿いに点在しています。ルレ・エ・シャトーRelais et Chateâuxやシャトー&ホテル・コレクションChâteaux&Hotel Collectionなどのグループもあり、インターネットや日本の代理店を通して予約できるところが多いです。あらかじめ予約していくのが確実です。

 

シャトー・ド・ノワゼー

 

左右対称にデザインされた建物。広い庭にはプールも完備しています。

 

 

歴史を感じる重厚なエントランス。当時のままの雰囲気が残っています。

 

ヨシ
アンボワーズ城の近くに位置する19世紀の館を改装したホテル。ロビーやサロンは重厚な印象ですが、レストランや客室は明るいトーンでまとめられ、アンティークとモダンがほどよく融合しています。

 

交通 トゥール駅から車で約20分

住所 Promenade de Waulsort 37210 Noizay

☎02-47-52-11-01

料金 155ユーロ~

客室数 19

URL➡http://www.chateaudenoizay.com/

 

ドメーヌ・デ・オー・ド・ロワール

 

広々とした敷地に立つ城館!

 

 

豪華なシャンデリアや暖炉が置かれたサロンは宿泊者のくつろぎスペース!

 

 

明るいインテリアでまとめられたスイートルーム!

 

ヨシ
19世紀に狩猟用のロッジとして建てられたシャトー。城館と田舎家風の建物があり、どちらもインテリアは明るく女性好みに仕上げられています。白鳥の泳ぐ池や広い館、プールなどもあります。

 

交通 ブロワ駅から車で約25分

住所 Route de herbault 41150 Onzain

☎02-54-20-72-57

料金 110ユーロ~

URL➡https://www.hautsdeloire.com/en/

 

第3講 古城めぐりの拠点 歴史の街トゥールを散策してみましょう!

 

ヨシ
ロワール河のほとりに広がるトゥールの歴史はローマ時代までさかのぼる。16世紀末にはパリから王家が移り首都になったこともあります。15世紀の雰囲気が残る旧市街には、木組みの家が軒をつらね、みどころも多いです。今はロワールの古城めぐりの拠点としても知られますが、素通りするだけではもったいない魅力的な街です。

 

トゥール美術館

 

15~20世紀の絵画が充実!

 

ヨシ
トゥレーヌ地方の城や修道院などから移設された美術工芸品とともに、ルーベンス、レンブラント、ドラクロワ、カルダーなど、15~20世紀の絵画が展示されています。もとは17~18世紀の大司教館で、館内はルイ16世様式の装飾。装飾が施された天井や暖炉などのインテリア、壁に掛けられたトゥールの絹織物も一見の価値があります。美術館鑑賞後は、フランス式庭園でゆっくり過ごすのもいいですね。

 

交通 トゥール駅から徒歩5分

住所 18 Pl. François-Sicard

☎02-47-05-68-73

時間 9~18時

㊡火曜、祝日、1月1日、5月1日、7月14日、11月1・11日、12月25日

料金 4ユーロ

 

 

スポンサーリンク
 

サン・ガティアン大聖堂

 

年代ごとのゴシック様式が見事!

 

ヨシ
13~16世紀造。内陣(13世紀・初期ゴシック)、トランセプトと身廊(14世紀・中期)、正面(15世紀~16世紀・後期)とゴシック様式の変還が明確にみてとれます。南側柱廊の礼拝堂にはシャルル8世の子供たちの墓があり、典型的ゴシック様式の横臥像や天使と、ルネッサンス様式(16世紀)の装飾が対照的。北側の回廊は聖歌隊の練習場だったところです。

 

交通 トゥール駅から徒歩10分

住所 Pl. de la Cathédrale

時間 9~20時(10~3月は9時30分~12時、14~18時)

㊡なし

聖歌隊学校回廊

時間 9~19時(10~3月は~18時)

㊡なし

料金 3ユーロ

 

職人徒弟制度博物館

 

ヨシ
相互扶助組織に所属する職人たちの歴史を紹介する博物館です。木靴職人による大型木靴など、一人前の親方として認められるために制作した作品など、興味深い展示物が多いです。

 

グワン館博物館

 

ヨシ
ドゥレーヌ地方の考古学博物館です。2階にはシュノンソー城主の子息がルソーのアドバイスのもとに制作させた物理実験の道具や、当時の陶磁器を展示しています。18世紀には銀行家グワンがオーナーとなりました。

 

交通 トゥール駅から徒歩15分

住所 25 Rue du Commerce

☎02-47-66-22-32

時間 10~13時、14~18時

㊡月曜

料金 4.50ユーロ

 

HOTEL お泊りはこちら!

 

リュニベール

 

ヨシ
創業1846年、落ち着いた内装の老舗ホテルです。

 

交通 トゥール駅から徒歩3分

住所 5 Blvd. Heurteloup

☎02-47-05-37-12

料金 198ユーロ~

客室数 85

 

シーニュ

 

ヨシ
インテリアがかわいい。旧市街にあり、観光や街歩きに便利な立地。

 

交通 トゥール駅から徒歩13分

住所 6 Rue du Cygne

☎02-47-66-05-13

料金 47ユーロ~

客室数 18

 

お食事はこちら!

 

ロデオン

 

ヨシ
川魚などのトゥール郷土料理を洗練された一品にアレンジ!

 

交通 トゥール駅から徒歩すぐ

住所 10 Pl. General Leclerc

☎02-47-20-12-65

時間 12~13時45分、19時15分~21時30分

㊡日曜、8月最初の2週間

 

ラ・ショップ

 

ヨシ
ベルエポックスタイルのブラッスリーです。新鮮な魚介類の料理が評判です。

 

交通 トゥール駅から徒歩5分

住所 25 bis Av. de Grammont

☎02-47-20-15-15

時間 12~14時、19時30分~22時30分(金・土曜は~23時、日曜は~22時)

㊡8月最初の2週間

要予約

 

まとめ

 

古城めぐりの方法とトゥールの街を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

古城めぐりの参考になれば幸いです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
 

Overseas travel!

 

ロワール地方の古城めぐり!競い立つ優美な姿にかつての王侯貴族を想う!おとぎ話に出てくるようなお城です!

海と太陽を求めて最高のヴァカンス地へ!南フランスで過ごす贅沢な休日のまとめ記事です!南フランス観光の参考にどうぞ!

スタイルで選ぶパリの快適ホテルをすこ~し紹介しま~す!パリ旅行の参考にどうぞ!

パリ旅行でナイトショーを楽しもう!パリでしか見ることができない貴重な体験をしに行こう!

フランス ルーヴル美術館ってどんなとこ?世界最大級の美術館の主な見どころをまとめてみました!

 


コメントを残す