フランス リヨンってどんなとこ?文化と歴史に個性あり!3つの注目シティ【リヨン編】!

スポンサーリンク

 

Hi! everybody! yoshiです!

Are you traveling?

 

スポンサーリンク
 

TGVを使えば、少し離れた街へもパリから2時間ほどでアクセスできるところも多いです。ここでは、それぞれ世界遺産のあるリヨン、ナンシー、ストラスブールの3つを紹介します!

 

リヨン Lyon

 

多彩な食材があふれる世界的に有名な美食の街!

 

ヨシ
ローヌ・アルプ地方の中心都市リヨンは、滋味あふれる野菜やキノコ類、川魚、ジビエ、チーズなど食材が豊かで、美食の街として有名です。ローマ時代に植民都市が置かれ、南北ヨーロッパを結ぶ拠点として栄えた歴史をもつ。中世には印刷、絹織物などの産業で発展を遂げた街には、昔のままの街並みが残っています。ソーヌ川の西岸が歴史の変還が刻み込まれた旧市街で、ソーヌ川とローヌ川にはさまれた新市街はinformationがあるベルクール広場を中心に広がっています。

 

 

ベルクール広場です。

 

ACCESS

パリ・リヨン駅からフランス国鉄SNCFのTGVリヨンLyon、アヴィニヨンAvignon、マルセイユMarseille、ニースNice、方面行きで約2時間、リヨン・パール・デュLyon Part Dieu駅下車。

観光案内所

住所 4 Pl. Bellecour

☎04-72-77-69-69

時間 9~18時

㊡1月1日、5月1日、12月25日

 

 

リヨンを語るキーワード

ブッション【Bouchon】

リヨンでは伝統料理を出す手軽な定食店をブッションと呼びます。手軽な料金で伝統的なメニューを楽しめます!

 

ここがみどころ!

 

ヨシ
石畳の残る世界遺産の旧市街や、その周辺に、寺院や大聖堂、美術館など、歴史を語るみどころが点在。フルヴィエールの丘からは街全体を見渡すことができます。

 

旧市街

 

ルネッサンスを偲ばせる世界遺産の街並み!

 

ヨシ
ローヌ川の西岸に広がる旧市街の中でも古い街並みを残すのが、ソーヌ川とフルヴィエールの丘にはさまれたエリア。この周辺は、車一台通りのがやっとという狭い石畳の路地が多く、中世からルネッサンス時代の建築物が随所に見られます。もともとは絹織物を濡らさずに運ぶために造られたトラブールという抜け道もあちこちに残っています。

 

フルヴィエール寺院

 

 

リヨンを見下ろす白亜の聖堂!

 

ヨシ
1896年、市民の寄進による費用で建立。展望台からは旧市街を一望できます。内装は美しいモザイクが施されています。南側の鐘楼には金色のマリア像があります。

 

交通 ケーブルカーFourière駅から徒歩すぐ

☎04-78-25-31-01

時間 8~19時

㊡なし

※展望塔(ガイド付き見学のみ)

時間 毎日14時30分、16時(4・5・10月は水・日曜の14時30分、16時。11月は水・日曜の14時30分、15時30分)

㊡12~3月

料金 5ユーロ

 

サン・ジャン大司教教会

 

14世紀造の天文時計は必見!

 

ヨシ
もとは12世紀建立、15世紀にフランボワイヤン様式の建物として完成。礼拝堂には、ペテロ&パウロの生活を描いた12世紀のステンドグラスがあります。

 

交通 メトロDVieux Lyon

☎04-78-42-28-25

※教会

時間 8時15分~12時、13時55分~19時30分(日曜は~19時)

料金なし

※宝物殿

時間 9~12時、14~18時30分(水曜は11時~)冬季は9時30分~12時、14~18時

㊡月曜、日曜午前、隔週の日曜全日

料金なし

 

古代劇場

 

現在もコンサートやオペラで使用!

 

ヨシ
リヨンに残るローマ時代の遺跡の1つです。紀元前43年建造の劇場で、同じ敷地内ではフランス最古の大劇場オデオン(音楽堂)や街の旧跡なども見られます。

 

交通 ケーブルカーFourvière駅から徒歩5分

住所 6 Rue Autiquaille

時間 9~日没

㊡なし

料金なし

 

リヨン美術館

 

17世紀の修道院を利用!

 

ヨシ
1803年設立の美術館。ドガ、マティス、ドラクロワなどの作品が充実。1階はローマ帝国の出土品や中世の彫刻の数々が並ぶ。2階は主に絵画があります。

 

交通 メトロAC Hôtel des Tarreaux

☎04-72-10-17-40

時間 10~18時(金曜は10時30分~)

㊡火曜、祝日

料金 7ユーロ

 

スポンサーリンク
 

シェ・ディザン・カルデリ

 

博物館を併設したギニョール専門店!

 

ヨシ
ギニョールとはリヨン名物の表情豊かな操り人形のことです。店の奥に博物館があります。小さな子供へのおみやげ探しに最適ですが、大人も楽しめます。

 

交通 メトロD Vieux Lyon

スポンサーリンク

住所 6 Rue St-Jean

☎04-78-37-01-67

時間 10時30分~18時30分

㊡なし

料金 5ユーロ(博物館)

 

ここが食べどころ

 

ヨシ
リヨンを知るには「美食の都」の一面を忘れてはならない。星付きレストランをはじめ1600店以上の飲食店が並び、伝統を受け継ぎながらも、日々新しいレシピを生み出しています。

 

トロワグロ

 

ヨシ
1930年創業の老舗。1968年にミシュランの3つ星になって以来、代々星を守り続けています。ホテルにもなっている建物は宿泊も可能です。

 

交通 リヨンから国鉄SNCFリモージュLimoges方面行きで約1時間15分、ロアンヌRoannne駅下車

住所 Pl. Jean Troisgros

☎04-77-71-66-97

時間 12~13時30分、19~21時30分

㊡火・水曜昼、2月中旬~3月上旬、8月の2週間

要予約

 

シェ・ジョルジュ

 

ヨシ
テロー広場の近くにあり、リヨンの家庭料理が楽しめます。奥さんが厨房に入り、旦那さんが接客という正しいブッションのスタイル。昼の定食は16ユーロ~。夜はアラカルトのみ。

 

ピラミッド

 

ヨシ
フランスの最も偉大なシェフの1人、故フェルナン・ポワンが開いた店。伝統を踏襲しながら新しい味の創造に取り組んでいます。コースは昼(平日)57ユーロ~、夜95ユーロ~。

 

交通 リヨンから国鉄SNCFヴィニヨンVignon方面行きで約25分、ヴィエンヌVienne駅下車

住所 14 Bivd. Fernand Port Vienne

☎04-74-53-01-96

時間 12~13時30分、19時30分~21時30分

㊡火・水曜、2月中旬~3月中旬、8月の1週間

要予約

 

ムニエール

 

ヨシ
楽しい雰囲気の店内。自慢料理はリヨン風ビュッフェBuffet Lyonnaisで、10種類以上のリヨン名物が食べ放題です。定食18.50ユーロ~、ビュッフェ付きは37ユーロ~。

 

ポール・ボキューズ

 

フランス料理界に革命を起こした技!

 

ヨシ
オーナーのボキューズ氏は、1970年代に興った「ヌーヴェル・キュイジーヌ」の旗手として活躍した人物で、フランス料理界の重鎮です。トリュフのスープ、ヴァレリー・ジスカール・デスタン風Soupe aux Truffes Noires V.G.E. 80ユーロなどが有名。130ユーロ~で設定されているコース料理も是非お試しください。

 

交通 リヨン・パール・デュ駅から車で約20分

住所 40 quai de la Plage

☎04-72-42-90-90

時間 12~13時30分、20時~21時30分

㊡なし

要予約

 

まとめ

 

フランス リヨンの街を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

リヨン観光の参考になれば幸いです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
 

Overseas travel!

 

フランスワイン物語!フランスワインの紹介です!ブドウの品種、ヴィンテージ、産地、パリでも楽しめる情報公開!

フランスワインの2大産地【ボルドー&ブルゴーニュ】で飲んで学んで酔いしれる!フランスワイン物語2!

ヴェルサイユ宮殿 ルイ王朝の栄華を象徴する壮麗な王宮!

フランス シャルトルってどんなとこ?世界遺産の大聖堂が美しい!

フランス人やヨーロッパ人に嫌われる日本人の仕草や癖とは?日本とは逆なんです!気をつけてくださいね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す