モンサンミッシェルの修道院だけではもったいない!奇跡の島をじっくり楽しむ4つのヒント!

Hi! everyone! yoshiです!

Are you traveling?

 

 

スポンサーリンク
 

 

ヨシ
駆け足で楽しむのもいいけど、余裕があるなら島の周辺を歩いたり、島の表情を観察したり、アクティビティに参加したりして、ゆっくり空間を味わいたいものですね。 ここでは4つのテーマに分けて楽しみ方をご紹介します!

 

{ヒント1}修道院周辺の見どころを巡ろう!

 

ヨシ
聖なる場所という一面だけでなく、百年戦争時代は難攻不落の要塞という役割も果たしたモン・サン・ミッシェル。 宗教的施設と軍事的な守備施設両方をチェックしよう!

 

城壁

引用元:海辺の城壁

 

島を守る堅牢な垣

 

ヨシ
18世紀に島の周辺に建造。 塔と塔の間をめぐる城壁は北町の門、城下町の門に支えられ、上部には巡視路が造られました。 ところどころにトンネルのような狭い通路設けられています。

 

聖オベール礼拝堂

引用元:聖オベール礼拝堂

 

島の北西側にたたずむ堂

 

ヨシ
聖ミカエルのお告げで無人島に聖堂を建てた、オベール司教を祭る小さな礼拝堂です。 建設は15世紀で、本土への道路ができる前は満潮時、周囲は海で囲まれていました。 内部は非公開です。

 

ガブリエルの塔

引用元:ガブリエルの塔

 

大砲を備えた先端設備

 

ヨシ
16世紀に国王代理官ガブリエル・デュプイが設置。 全方角からの攻撃に応じられる仕組みで、厚い壁の内部には大砲が備えられていました。 当時は軍事工学の先端を行く防衛設備を誇っていました。

 

王の門

引用元:フォートラベル

 

街の入り口は厳重守備で!

 

ヨシ
ラヴァンセ門と大道り門に守られる街の入り口がここです。 堀とはね橋、堕格子で厳重に守られ、両側の塔の上方には警備兵の巡回通路があります。 ここからグランド・リュを眺めることができます。

 

サン・ピエール教会

引用元:トリップアドバイザー

 

洞窟内に造られた教会

 

ヨシ
岩山を掘り下げ、洞窟内に建設した教会です。 巡礼の最盛期には、修道院の小教区教会として重要な役割を果たしました。 入り口横には、百年戦争の折に大天使ミカエルのお告げを受け、フランスを勝利に導いたジャンヌ・ダルクの像が立っています。 キャンドルやメダイなど、オリジナルの記念品を販売しています。

 

{ヒント2}島外宿泊で島の姿を観察!

 

ヨシ
修道院やその周辺へのアクセス至便な島内宿泊もいいですが、島外宿泊は時間の経過とともに変化するダイナミックな島風景を観察できるのが醍醐味です! 目的に応じて選びましょう。

 

ルレ・サン・ミッシェル

引用元:トリップアドバイザー

 

モンサンミッシェルを正面に望む!

 

ヨシ
プーラール・グループのひとつで、全客室やレストランからモンサンミッシェルを眺めることができ、日本人客に人気です。 このあたりでは唯一の4つ星ホテルです! 併設のレストランでも島を眺めながらノルマンディとブルターニュ両方のスペシャリテが堪能できます。

 

住所 Route du Mont Saint Michel BP 3150170 Mont-Saint-Michel

☎02-33-89-32-00

料金 180ユーロ~

 

オーベルジュ・サン・ピエール

引用元:フォートラベル

 

文化財指定の3つ星

 

ヨシ
15世紀の木造で造られた歴史ある建物は、国の文化財に指定されています。 グランド・リュに面した本館と坂の上に位置し、湾と街を眺められる別館があります。 本館1階にレストランが入る。

 

☎02-33-48-59-82

料金 99ユーロ~

 

ラ・メール・プーラール

引用元:フォートラベル

 

19世紀建造の老舗ホテル

 

ヨシ
1888年創業。 客室はロマンティックな装飾で、女性客に評判です! 館内には湾が一望できる雰囲気抜群のピアノバーもあります。 島内で一番の人気ホテルなので予約は早めにしましょう!

 

☎02-33-89-68-68

料金 130ユーロ~(朝食15ユーロ)

 

 

{ヒント3}アクティビティに挑戦してみよう!

 

ヨシ
島外での個性的なアクティビティもいろいろです。 島の姿をまた別の角度から眺められるのも魅力のひとつです!

 

巡礼者気分の歩行ツアー

引用元:フォートラベル

 

ヨシ
モンサンミッシェルの駐車場を出発し、近くのトンブレンヌ島まで往復7㎞の距離を歩くツアーです。 催行日は時期によって異なるのでHPで確認を!

 

料金 7.50ユーロ~ (フランス語の説明付き)

所要時間 催行日によって異なる(約2時間~)

服装 雨が降ってもよい格好で(レインコートなど)

夏は裸足、短パン、上はレインコートなど。日焼け止めも忘れずに。

冬期は長靴と防寒対策をしっかりと。

※この他に説明なしツアー、英語の説明付きツアーもあります。

 

爽快な遊覧飛行体験!

引用元:モンサンミッシェル

 

ヨシ
パイロットのディディエ・ユラン氏によるU.L.M(軽量エンジン付き飛行機)の飛行アクティビティです。 修道院上空を300~900mの高さで遊覧します。 夕方のフライトも可能です。

 

①飛行場など上空300mを飛行6㎞

料金 40ユーロ(10分間)

②島の上空900mを飛行18㎞

料金 80ユーロ(20分間)

③島の岩壁や崖の周遊40㎞

料金 120ユーロ(30分間)

④カンカル湾、グランヴィル湾、もしくはサン・マロの周遊

料金 200ユーロ(60分間)

 

 

スポンサーリンク
 

 

初心者OKの乗馬ツアー!

引用元:ボン・ボヤージュ

 

ヨシ
乗馬とガイドの経験を積んだエルベ・ガベスさん率いるスタッフが日中~夕方にかけて、修道院周辺での乗馬ツアーを開催! 初心者の方の参加もOK!

 

①センターから島を一周

料金 40ユーロ(2時間)

②モンサンミッシェルの他、トンブレンヌ島も訪問

料金 55ユーロ(半日)、100ユーロ(全日、昼食付き)など

服装 乗馬のしやすい服装(女性はパンツがおすすめ)

 

{ヒント4}イベント時期を狙え!

 

ヨシ
こちらはモンサンミッシェルで行われるイベント速報です。 この時期にあわせて旅行を計画すれば、一層忘れられない思い出になること請け合いです!

 

モン・サン・ミッシェルのマラソン

引用元:モンサンミッシェルのマラソン

 

ヨシ
カンカル湾を朝9時に出発し、モンサンミッシェルがゴールです。

 

申し込み先 ☎02-99-89-54-54

URLはこちらから➡ モンサンミッシェルのマラソン

 

湾を渡って巡礼

 

ヨシ
中世から続く伝統の巡礼を今に伝えるイベントです。 朝8時にジェネ(Pont de Gênet)を出発!

 

申し込み先

Presbytère de Startilly ☎02-33-48-80-37

Maison de la Baie ☎02-33-89-64-00

 

こちらもおすすめ!4つの博物館

 

ヨシ
島内には4つの小さな博物館があり、島の歴史を深く知ることができます。 時間があるなら4館セット入場券を購入すれば、実質2館分は無料となるのでお得です!

 

ラルケオスコープ

引用元:フォートラベル

 

ショー形式で建築史を解説

 

ヨシ
島内の建築を紹介する館内には舞台があり、イラストや模型を使って歴史をわかりやすく解説するショー形式です。 音楽やライティングがドラマチックです。 説明はフランス語のみです。 20分のショーが15分おきに催されています。

 

☎02-33-89-01-85

時間 9時~17時30分(7・8月は~18時30分)

㊡11月12日~2月の第1金曜(ただし12月25日と1月1日以外のクリスマス休暇期間は閉鎖)

料金 9ユーロ(4館共通18ユーロ)

 

ティフェンヌの館

引用元:ティフェンヌの館

 

中世の軍人の家を保存

 

ヨシ
フランス王軍隊の隊長だったベルトラン・デュゲスクランが占星術師の妻ティフェンヌのために14世紀に建てた館です。 今でもデュゲスクラン家の所有で、19世紀に一度改装されたが、家具やタピスリー、占いの部屋などは中世のままを保っている貴重な博物館です。

 

☎02-33-60-23-34

時間 9時30分~17時30分

㊡1月~2月上旬、11月中旬~クリスマス休暇前

料金 9ユーロ(4館共通18ユーロ)

 

歴史博物館

 

牢獄風景を蝋人形で再現

 

ヨシ
修道院が監獄として使われていた時代を蝋人形で再現した博物館です。 小さく仕切られた部屋の鉄格子から腕を出す囚人や処刑を待つ囚人の姿がリアルです! 社会主義者のブランキ、革命家のラスパイユなど政治家の獄中生活が見られます。

 

☎02-33-60-07-01

時間 9時30分~17時30分

㊡ 1月~2月中旬、11月中旬~クリスマス休暇前

料金 9ユーロ(4館共通18ユーロ)

 

海洋/環境博物館

引用元:海洋博物館

 

湾の様子をビデオで解説

 

ヨシ
アンティークの船の模型を250個展示する博物館です。 モンサンミッシェル湾の潮の満ち引きの速さや湾に生息する生物、周辺環境についての説明のほか、本土と島を結ぶ道路を撤去し、橋を建造する計画などのビデオは見ごたえがあり、人気を集めています。 入口はグランド・リュ側です。

 

☎02-33-60-85-12

時間 9時~18時 

㊡ 1月

料金 9ユーロ(4館共通18ユーロ)

 

まとめ

 

モンサンミッシェルの楽しみ方をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

モンサンミッシェル観光の参考になれば幸いです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク
 

 

Overseas travel

 

定番ホテル予約サイト一覧表!国内/海外旅行のお役にたてれば私も嬉しいです!

おすすめクレジットカード厳選7!海外旅行はもちろん、カードを持っていないとなにかと不便ですよね!

アメリカ・ロサンゼルス!危険地帯!スキッド・ロウの話!

モンサンミッシェル 不動の人気を誇り、天空にそびえ立つ西洋の驚異!

フランス外人部隊の試験を受けてみたけど落ちました!やっぱりアホでした!

フランスSAINT LAURENT NOUANでアントニーに拾われてホームステイ!

 


コメントを残す