フランス ニースってどんなとこ?めっさ気持ちいい海沿いの散歩道と旧市街をブラブラ歩き!

 

Hi! everyone! yoshiです! Are you traveling?

 

スポンサーリンク
 

 

ニース NICE

 

フランス第5の都市ニースは地中海沿岸最大のリゾート地!第二次世界大戦前は貴族が休暇を過ごし、現在も華やかな観光地として世界中から観光客が集う。眩しい太陽と青い海、とれたての素材をふんだんに使ったグルメを満喫しよう!

 

ニース早わかりお出かけ情報!

コート・ダジュールの中心地で、”リヴィエラの女王”と呼ばれるニース。夏のヴァカンスシーズンはもちろんのこと、冬の避寒地としても人気が高いです。南フランスに憧れた画家たちの足跡が残る美術館や、華やかなカーニバルなど、1年を通して常に魅力にあふれています。

ACCESS 

✈パリ・シャルル・ドゥ・ゴール空港、オルリー空港からニース・コート・ダジュール空港まで1時間20分。空港から市内へは10㎞、バスで15分。近郊へ行くバスはGare Routèreというバスターミナルから出ています。

🚋パリ・リヨン駅からフランス国鉄SNCFのTGVで5時間30分。

観光案内所

住所 Av. Thiers-gare SNCF

08-92-70-74-07

時間 8~19時(日曜は10~17時)、6~9月は8~20時(日曜は9~19時)

㊡なし

 

長い歴史が彩る鮮やかな街並み!

 

ヨシ
ニースの語源はギリシャ語の「ニカイア(勝利)」です。古代ギリシャ人の交易地で、街は城跡公園の場所に存在しました。紀元前1世紀頃はローマ帝国の属州で、州都・シミエ地区に古代ローマ遺跡が見られます。中世にプロヴァンス公爵領地を経て14世紀、イタリア・サヴォワ王国(後にサルディニア)傘下に入った歴史をもつ。当時の建物が残る旧市街はイタリア風の街並みが楽しめます。1860年からフランスに帰属し、王侯貴族の集う保養地となる。20世紀初頭建築のオペラ座やネグレスコホテルなど、ベル・エポック様式の美しい建物も必見です!

 

美しい眺めやショッピングを堪能!

 

ヨシ
シミエ地区のシャガール美術館から街歩きをスタート。鑑賞後はバスで駅に出て、トラム(路面電車)でプロムナード・デ・ザングレに。ベンチに座って青い海を眺めよう!サレヤ広場の朝市、小さな店が並ぶ旧市街ではショッピングを満喫できます。岩山の上の城跡公園へはエレベーターで登り、展望台からニースの街を一望!公園の東側に下りるとアンティーク店街が続きます。蚤の市裏のキャサリン・セグレーヌ通り、ガリバルディ広場を通ると近代・現代美術館へ到着します。

 

COLUMN

 

1、フレンチ・リヴィエラ・パスが便利!

 

コート・ダジュール全体で使える、プリペイドの共通パスが登場。利用期限は24時間、48時間、72時間の3種で、バスの利用やワインの試飲、観光スポットや美術館の見学が可能。

 

2、一度は訪れたいカーニバル!

 

ニースでは毎年2月に行われる花のカーニバルが有名。

URL➡http://www.nicecarnaval.com/

 

1DAY みどころモデルルート!

 

10:00 見学時間60分

 

1、シャガール美術館

 

ヨシ
17点の大作「聖書メッセージ」は大展示室にあります。

 

 

11:10 見学時間15分

 

2、プロムナード・デ・ザングレ

 

ヨシ
1820年に英国人居住地者の資金で整備されたことから「イギリス人の散歩道」という名がついた。高級ホテルやカジノが並ぶ華やかな場所!日中は日差しが強いのでサングラスの用意を。

 

 

スポンサーリンク
 

 

11:30 見学時間60分

 

3、サレヤ広場

 

ヨシ
海岸近くに位置する旧市街の広場。火曜から日曜は花や地元の名産品のマルシェ、月曜は骨董市が開かれます。広場に面するミゼリコルド礼拝堂は「世界で最も美しいバロック建築10」のひとつ。買い物客で賑わう広場です。

 

 

12:30 見学時間60分

 

4、旧市街

 

ヨシ
迷路のように入り組んだ小道に可愛いショップやレストランが並ぶ旧市街。イタリア領時代、17世紀以前に造られた建物はパステルカラーに彩られ、ブラブラ歩きをするのに楽しい場所です!第二次世界大戦の戦火を奇跡的に免れた一角です。

 

 

13:45 見学時間30分

 

5、城跡公園

 

ヨシ
ニース発祥の地とされ、古代にケルト人、紀元前3世紀ごろはギリシャ人により街づくりがなされた場所。地上約90mの高台にあり、展望台からニースの素晴らしい眺めが満喫できます。体力に自信のある人は階段で登ってみよう!

 

 

14:30 見学時間40分

 

6、ニースの蚤の市

 

ヨシ
城跡公園の東側、旧港に面する屋内マーケット。約30軒のアンティークショップが集まり、お値打ち商品も見つかるかも?市の右手、ロビナント通りの先は骨董店が集まるアンティーク地区。品物は高級な骨董家具からガラクタまでさまざまです。

 

まとめ

 

南フランスの街、ニースの紹介ですが、いかがでしたでしょうか?

ニース観光の参考になれば幸いです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
 

Overseas travel!

 

スタイルで選ぶパリの快適ホテルをすこ~し紹介しま~す!パリ旅行の参考にどうぞ!

フランスの空港から市内への行き方!パリの空港からパリ市内への行き方をまとめてみました!フランス観光の参考になれば幸いです!

フランスの世界遺産・全42ヵ所をまとめてみました!素晴らしいフランスの世界遺産を巡ろう!

パリ市内の交通情報!主な交通手段はメトロ、高速郊外鉄道(RER)、バス、タクシー、レンタル自転車があります!

フランス パリの観光スポットのまとめです!世界中に愛されるフランスの首都を紹介しまーす!

 


コメントを残す