韓国・ソウル このゲストハウスは場所が良くて外国人が多いのでお勧めです!

 

Hi! everyone! yoshiです!

Are you traveling?

 

スポンサーリンク
 

ソウル ゲストハウス キムチ・シンチョン・ゲストハウス 2016年3月

引用元:キムチシンチョン

引用元:キムチシンチョン

キムチ・シンチョン・ゲストハウスです!

 

ヨシ
次に泊まったのが、キムチ・シンチョン・ゲストハウスです! 一泊千円くらいで10ベッドルームです! ここは、みんな夜遅くまで起きていて、いろんな国の人が利用してました! 私はずっと地下のタバコルームにいました。 ずっとタバコルームにいると、いろいろ話しかけられました!
ヨシ
ひたすら一人でしゃべり倒す自称プログラマーのロシア人。 こいつは愚痴ばかり言っていました。 典型的なロシア人です! ゲストハウスの受付のぱっとみ日本人風の奴と相方のゴツイ奴。 アメリカ人で黒人女性のぽっちゃりした英語の先生。 イタリア人の女の子。 ほとんどこのイタリア人の女の子としゃべっていました。
イタリアのねーちゃん
ハロー! 私はイタリアから来たの! あなたは?
ヨシ
日本だよ!
イタリアのねーちゃん
そうなのね、 どうしてスキンヘッドなの? あなたはモンク(僧侶)なの? 私はお坊さんに興味があって、いろんなお寺を見て回っているの!
ヨシ
いや、俺は別に僧侶じゃないけど、俺のひいじいちゃんはお寺の住職やってたよ!
イタリアのねーちゃん
そうなの? 写真持ってる? なんでお坊さんになったの?
ヨシ
写真は持ってないよ、なんでお坊さんになったのかと言うと、俺のひいじいちゃんの家は武士の家でどうやら兄弟で殺し合いしたみたいなんだ、それで殺した兄弟の供養をするためにお坊さんになったらしいんだよ・・・ 昔の侍の家ではそういう事があったみたいだね! 昔の日本の侍は戦になるといっぱい殺し合いをしてたんだよ、それで、その供養のために出家して、お坊さんになって戦で死んだ人達のことを供養するんだよ
イタリアのねーちゃん
なるほどねー!

 

てな感じで、いろんな話をしましたが自分の英会話能力が低すぎて、翻訳アプリを使ったりしていたので何時間もしゃべっていました。

 

おかげで彼女とはいい感じになったのですが、残念ながら私はあまりお金を持っていなかったので食事に誘いませんでした。

 

もし私に、お金と気持ちの余裕があれば、

 

ヨシ
飯食いに行かへん?
イタリアのねーちゃん
オフコース! いいわよ!

 

てな感じで勝手な妄想を膨らませてたんですが、ほんとにそれくらいいい感じでした!

 

ほかに、日本人の女の子もいたけど、別に日本人の女の子とは話したくはなかったので話しませんでした!

 

ソウルのゲストハウス ボンハウスでヘルパーとして働いてみました!

引用元:ボンハウス

ボンハウスです!

 

スポンサーリンク
 

ヨシ
次に泊まったのが、ヘイワ駅近くのボンハウスです! この辺りは、韓国の友達のヒョンテが学生時代によくウロウロしてたらしいです!
ヒョンテ
俺が学生時代の時は、よくこの辺で遊んでたよ!
ヨシ
睡眠不足で眠かったので、チェックインしてすぐにベッドで寝ました。 ボンハウスのメインのゲストハウスはだいたい、ドミトリーで1泊1000円くらいです! しかしながら、あまりお金がなかった私は、ソウルで働けないかとネットで調べてみるとゲストハウスで働けることを知って受付のアンジェリカに相談すると、
アンジェリカ
オーナーのボンさんに聞いてあげようか?
ヨシ
ほんとに? お願いします!

 

そう言って、アンジェリが電話でボンさんと話すと、あっさり、

 

アンジェリカ
OKよ! じゃあ、3日後にはスタッフルームに移動してもらうわ!
ヨシ
おー! ほんとに? ありがとう! 3日後だね? ありがとう! よろしくね!

 

という事で、3日目からはスタッフルームへ移動してボンハウスで働くことになりました!

 

ヨシ
条件はお金はもらえないけど、寝るベッドと朝食付きです! しかも仕事は3時間だけ! 実際は2時間くらいが多かったです! これで宿代と朝食代をうかすことができました! 旅費を抑えたい人にはお勧めです!
ヨシ
オーナーのボンさんは、ほかにも4軒のゲストハウスを経営するお金持ちでした! そこで働いていたのはスペイン人夫婦のダニエルと奥さん。 フィリピン人でマネージャーのアンジェリカ。 タイ人でサブマネージャーのパイ。 ドイツ人で2人組の、女バックパッカーのマイカとマッドリーン。 スウェーデン人のターナーとラミー。 ボンさんの甥っ子のスホ。 私のあとから来た日本人の松本という、おばさん。
ヨシ
ボンハウスは、客もスタッフもとてもインターナショナルでした! スペイン人のダニエルはいつも陽気で、いい奴だったから、みんなから人気がありました! 彼はマドリード生まれで、レアル・マドリードファンでした! 同じスペインでも、バルセロナとはライバルらしいです! ダニエルは胸には、レアルマドリードのチームのマークのタトゥーを入れていました! ダニエルは私がボンハウスに来る4か月前から働いていました。 仕事中に階段にマットを敷いて滑り台を作って、みんなで滑って遊んだりもしました! とても楽しかったです!
ヨシ
ダニエルは、お別れ会の時もずっとはしゃいでいました! ダニエルのおじいちゃんの下ネタ、うんこねた、とにかく彼はいつも明るく元気でした。 そんなダニエルをボンさんは気に入ってたんだと思います。 ボンさんはまだダニエルにいてほしそうでした。 スペインに帰ったらマラガで奥さんとマラガの映画館で働くと言っていました。
ヨシ
ダニエル夫妻、ターナー、ラミー、松本、と、よく一緒の組で仕事をしました! 仕事内容はチェックアウトした部屋の掃除やシーツの交換とかでした。 ボンハウスでは1ヶ月弱働きました。 すごく楽しかったですよ! その間、明洞のユニクロに行ったり、明洞実弾射撃場でデザートイーグルを撃ったりしてました。

 

明洞実弾射撃場でデザートイーグルの試射です! 料金は10発で4千円くらいです!

 

ヨシ
ターナーとラミーとで、インサドンのライブハウスバー? みたいなところに行ったり、ヒョンテと会って焼肉を食べたり、居酒屋に行ったりしました! 今となってはいい思い出です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク
 

 

続きはこちらから➡韓国 ソウルのゲストハウスで働いてたけどオランダに向かう!

 

Overseas travel!

 

定番ホテル予約サイト一覧表!国内/海外旅行のお役にたてれば私も嬉しいです!

おすすめクレジットカード厳選7!海外旅行はもちろん、カードを持っていないとなにかと不便ですよね!

韓国 ソウルのゲストハウスで一緒に働いていた仲間の紹介です!

ソウルの観光スポット!ソウルを極めるためのお楽しみプラン6!

韓国の汗蒸幕とは?チムジルバンとは?韓流美人を目指せ!韓国ビューティー事情大研究!

ソウルの免税店でショッピングざんまい!憧れのブランドが勢ぞろい!ソウルの免税店リストです!

 


コメントを残す