台湾料理指さしカタログ!写真を見せれば簡単オーダーできます!台湾の主な料理、食べ物のまとめなので参考にどうぞ!

スポンサーリンク

 

Hi! everybody! yoshiです!

Are you traveling?

 

スポンサーリンク
 

 

台湾料理はもちろん、さまざまな中国料理が味わえる台湾。望みの料理をオーダーする際には、ぜひこの記事を活用してくださいね。ただし店によっては料理名や内容が違ってくることがあるので注意してくださいね。

 

下記クリックで好きな項目へ移動

台湾料理

 

ヨシ
福建省や客家系の人々の食習慣がルーツにある台湾料理。盛り付けに凝るよりは素朴で家庭的、あっさりとした味付けが多く、日本人にも親しみやすい料理です。魚介や野菜も素材の持ち味を生かしたシンプルな調理法が主流です。(発音は台湾読み)

 

【紅燖米糕】 アンスンビーコー

 

ヨシ
子持ちのカニ入りの蒸しご飯。もち米を使ったものでボリュームもたっぷり。甘酢に付けても美味しいです。

 

【菜脯蛋】 ツァイポヌン

 

ヨシ
切り干し大根入りの玉子焼き。台湾で最もポピュラーな一品。玉子と玉子と大根が好相性です。

 

【花枝丸】 ホエキーワン

 

ヨシ
イカのすり身を丸めて揚げたもの。イカの風味がしっかりと生きていて、塩を付けて食べると美味しいです。

 

【蔭鼓蚵】 インシオ

 

ヨシ
牡蠣と長ネギ、ブラックビーンズのもろみ炒め。ご飯にかけると美味しく、何杯でも進みます。

 

【小魚花生】 ショウヒーホエセイ

 

ヨシ
干した魚とピーナッツなどを炒った乾きもの。塩加減がほどよく、お粥に振りかけて食べるものいいですね。

 

【炒青菜】 チャーチェンチャイ

 

ヨシ
空心菜、豆苗など季節の青菜を、塩とニンニクでサッと炒めた料理。ニンニクが味を引き立てています。

 

【紅焼豆腐】 アンショートウフー

 

ヨシ
厚揚げと野菜の醤油炒め。こってりした醤油ベースの味付けで日本人にもなじみやすい料理です。

 

【蚋仔】 キャンラー

 

ヨシ
シジミのニンニク醤油漬け。シジミに味が染み込んだ後を引く美味しさは、酒のつまみにおすすめです。

 

【蛤蜊湯】 ハマトン

 

ヨシ
ハマグリの味と香りを生かしたスープ。ほかの具はネギとショウガくらいで、あっさりとした味わいです。

 

【烏魚子】 オーヒーチー

 

ヨシ
ボラの玉子を加工したカラスミは台湾産の高級珍味。スライスした大根やネギをはさんで食べます。

 

【蚵仔煎】 オーアーチェン

 

ヨシ
牡蠣入りオムレツは、たいていの夜市で見かける屋台料理の代表格。甘辛いタレをかけて味わってください。

 

【石頭火鍋】 チョータォホェクオ

 

ヨシ
台湾風の寄せ鍋。具は魚介類から肉類、野菜、餃子まで、何でも鍋に入れます。

 

広東料理

 

ヨシ
豊富な食材が集まる広東で発達した食文化は、フカヒレやアワビ、ナマコなど高級海産物や珍味を取り入れた料理で特に名高いです。素材の持ち味を生かす洗練された調理法で、一般的にあっさりした味付けなので日本人にも合いやすいです。

 

【紅焼大排翅】 ホンシャオターパイチー

 

ヨシ
サメのヒレを戻したフカヒレの姿煮。地鶏や金華ハムなどでダシを取るスープも腕の見せ所です。

 

【龍蝦】 ロンシャー

 

ヨシ
イセエビの料理。シンプルな塩ゆでから、餡を絡めたもの、サラダ風、油いためなど調理法は多彩です。

 

【蠔皇原雙鮑】 ハオファンユエンシャンパオ

 

ヨシ
アワビの食感を存分に楽しめる姿煮。地鶏や金華ハム、豚肉などスープのレシピは店により多彩です。

 

【翡翠官燕】 フェイツイグワンイエン

 

 

ヨシ
高級珍味ツバメの巣を使ったスープ。目にも美しい翡翠色のグリーンピースソースがクリーミーです。

 

【上湯大明蝦】 シャンタンターミンシャー

 

ヨシ
エビのバターソースがけ。プリプリのクルマエビを蒸して、卵黄とバターの濃厚なソースをかけます。

 

飲茶

 

ヨシ
広東省で生まれた食スタイルで、お茶を飲みながら小盛の点心を数多く楽しむもの。点心は餃子類からシュウマイ、デザートまで種類豊富。お茶は烏龍茶、ジャスミン茶、鉄観音茶、普茶などが一般的。広東料理レストランで味わえるほか、飲茶専門店もあります。

 

【蜜汁叉焼包】 ミージーチャーシャオパオ

 

ヨシ
チャーシューを皮に包んだチャーシューまんじゅう。アツアツの蒸したてを味わいたいですね。

 

【蜜汁叉焼酥】 ミージーチャーシャオスー

 

ヨシ
サクサクのパイを包んだチャーシューパイ。パイ生地の歯ごたえと甘辛のチャーシュー餡がマッチして美味しいです。

 

【腸粉】 チャンフェン

 

ヨシ
米の粉を伸ばしたツルンとした皮で具を包む中国風クレープ。具はエビ、焼き豚など。

 

【香煎蘿蔔糕】 シャンチエンロォポーガオ

 

ヨシ
モチモチ感がたまらない大根餅。すりおろした大根と米の粉を蒸して、油で焼いたものです。

 

【水晶帯子餃】 スェイチンタイツーチャオ

 

ヨシ
エビとホタテ貝の餡を包んだ蒸し餃子。浮粉を使った透き通った皮は、ツルンとした食感です。

 

【明蝦干焼賣】 ミンシャーガンシャオマイ

 

ヨシ
干 エビのすり身に豚ひき肉、シイタケを混ぜたエビシュウマイです。

 

【瑤柱蝦焼賣】 ヤウジューシャーシャオマイ

 

ヨシ
干し貝を入れたリッチなエビシュウマイ。カニ入りのエビシュウマイは「蟹黄蝦焼賣」。

 

【鮮肉春巻】 シェンロウチュンチュエン

 

ヨシ
エビと豚肉の春巻。カリカリに揚げた皮から餡の旨味がジュワッと出てきます。カラシ醤油も合います。

 

四川料理

 

ヨシ
中国南西部の四川盆地で育まれた料理。寒暖差の大きい気候から、香辛料を多用したスパイシーなメニューが発達。麻婆豆腐がその筆頭ですが、単に辛いだけでなく、麻(山椒の辛み)と辣(唐辛子の辛み)の刺激が複雑に混じる奥深い味が神髄です。

 

【麻婆豆腐】 マーボートウフー

 

ヨシ
成都の陳ばあさんの作といわれる豆腐の唐辛子炒め。胡椒や山椒が醸す深みのある辛さが魅力です。

 

【乾焼蝦仁】 ガンシャオシャーレン

 

ヨシ
エビのチリソース炒めはポピュラーな四川料理。プリプリしたエビをふんだんに使い、辛味が食をそそります。

 

【蒜泥白肉】 スワンニーパイロー

 

ヨシ
茹でた豚肉の冷菜。スライスした豚肉にニンニク、ゴマ油、醤油をかけた、さっぱりした料理です。

 

【宮保軟絲】 コンパォナンシー

 

ヨシ
イカの唐辛子炒め。イカの甘みと唐辛子の辛みがコクのある味わいを生む。醤油のこってり味です。

 

スポンサーリンク
 

【紅油抄手】 ホンヨウチャウソウ

 

ヨシ
ラー油のタレに入った小ぶりのワンタン。唐辛子と山椒も加わってなかなかの辛さです。

 

北京料理

 

ヨシ
宮廷料理や北京ダックなど豪華な印象が強いですが、庶民的な粉食も多彩です。中国北方では米より麦や雑穀を主食にしていたため、小麦粉を使った麺類や餃子、焼き餅が発展したといいます。台湾に専門店も出現している鍋貼(クォティエ=焼き餃子)も北方料理です。

 

【北京烤鴨】 ペイジンカオヤー

 

ヨシ
アヒルに蜜を塗り、あめ色に焼き上げる北京ダック。皮と甘味噌、ネギを薄餅で包んで食べます。

 

【合菜代帽】 ホォーツァイタイマオ

 

ヨシ
八宝菜の玉子包み。タケノコ、モヤシ、豆腐、春雨などを炒めて、玉子焼きを帽子のようにかぶせたものです。

 

【炸小丸子】 ザーシャオワンツー

 

ヨシ
豚肉団子の揚げ物。中にジューシーな豚肉が入っています。塩、胡椒を付けて食べると美味しいです。

 

【鍋塔豆腐】 クォタートウフー

 

ヨシ
衣をつけた豆腐を揚げてからダシで煮る、揚げ出し豆腐の料理です。

 

【葱爆牛肉】 ツォンパオニュウロウ

 

ヨシ
牛肉のネギ風味炒め。中国北方の定番料理。強火でサッと油を通した牛肉にネギの香ばしさがマッチ。

 

【葱油餅】 ツォンヨウピン

 

ヨシ
炒めたネギを小麦粉で包んで揚げたシンプルな焼き餅。サイドディッシュの一品に。

 

【雪花干貝】 シュエホアカンベイ

 

ヨシ
フワフワのメレンゲと柔らかくほぐした貝柱の炒め物。口当たりもまろやかで、胃にも優しい一品です。

 

【梨山芹菜】 リーシャンチンツァイ

 

ヨシ
シャキシャキしたセロリのマスタードとマヨネーズ和え。店によっては辛子が強いスパイシーなサラダです。

 

上海料理

 

ヨシ
上海料理の特徴は、醤油と砂糖を使った濃いめの甘辛い味つけです。素材は、高級な上海カニや豚、鶏のほか、ナマコや田ウナギを使うこともあります。代表料理は、鶏の紹興酒漬け「醉鶏」、塩漬け玉子の黄身を纏った「金衣蟹」、小籠包や生煎鮑などです。

 

【大閘蟹】 ダーザァシエ

 

ヨシ
甲羅にたっぷりカニ味噌が詰まった蒸し上海カニ。9~11月がベストシーズンです。

 

【蟹粉小籠包】 シエフェンシャオロンパオ

 

ヨシ
上海カニの濃厚なカニ味噌が入った小籠包。スープの香りと味は筆舌に尽くしがたいです。

 

【醉油鶏】 ツイヨウジー

 

ヨシ
スープで煮込んだ鶏を紹興酒に漬け込んだ冷菜の「酔っ払い鶏」。トロっとした肉が美味しいです。

 

【清炒蟹仁】 チンシャオシャーレン

 

ヨシ
新鮮な芝エビをサッと塩で炒めた料理。プリプリで美味しいです。

 

【東坡肉】 トンポーロウ

 

ヨシ
豚のばら肉の塊を醤油や紹興酒でじっくりと煮込んだ豚の角煮。上海料理の名物です。

 

【金衣肉蟹】 ジンイーロウシエ

スポンサーリンク

 

ヨシ
肉蟹の塩漬け玉子仕立て。別名「金衣蟹」。塩漬け玉子の風味がカニの旨味を引き出しています。

 

【葱烤刺参】 ツォンカオツーシェン

 

ヨシ
プルンプルンとした食感が特徴のナマコは、醤油煮で食べるのが定番の味わい方です。

 

【毛豆青蟹】 モォウトーチンシエ

 

ヨシ
上海料理ではよく使われる枝豆とカニの炒め物。濃いめの醤油味が特徴の一品です。

 

浙江料理

 

ヨシ
浙江とは揚子江下流域の総称で、具体的には上海や抗州のある浙江省、蘇州など江蘇省の料理を指します。肉類とあわせて、淡水の魚やエビを多用します。伝統上海料理は醤油や砂糖を使った濃いめの味付けです。有名な上海ガニは台湾でも10月ごろから食べられます。

 

【紅焼下巴】 ホンシャオシャーパー

 

ヨシ
下巴とは下あごのこと。草魚という淡水魚の頭を醤油で煮込んだ家庭料理。味はさっぱりめです。

 

【雪菜百頁】 シュエツァイパイイエ

 

ヨシ
高菜と湯婆をサッと炒めた料理。シンプルながら味わい豊かな上海でポピュラーな家庭料理です。

 

【小籠包】 シャオロンパオ

 

ヨシ
薄い皮の中に肉汁がたっぷりの小籠包は、上海名物の点心。中のスープをこぼさないように。

 

【蟹黄河蝦仁】 シエホワンフーシャーレン

 

ヨシ
カニ肉と川エビに、カニ味噌の餡を絡めた上海料理。酢をかけて味わうと風味がいっそう増します。

 

【龍井蝦仁】 ロンジンシャーレン

 

ヨシ
川エビを香り高い龍井茶の茶葉で炒めた抗州の伝統的メニュー。酢を少々加えると味が引き立ちます。

 

【西湖醋魚】 シーフーツーイー

 

ヨシ
草魚という淡水魚の煮つけ。抗州の伝統料理で甘酸っぱいタレでサッパリと仕上げるのが特徴です。

 

【無錫排骨】 ウーシーパイクー

 

ヨシ
江蘇省・無錫に古くから伝わる甘辛く味付けしたスペアリブ。ご飯とも相性のいい料理です。

 

湖南料理

 

ヨシ
温暖な気候に恵まれた中国中央部の湖南省で生まれた料理です。伝統的には塩辛く、濃いめの味付けが特徴の地方料理ですが、台湾にわたってから、味も盛り付けもグンと洗練された料理に生まれ変わりました。スナック感覚で食べられる金華ハムのサンド、富貴火腿も人気です。

 

【香瓜元盅】 シャンクァンエンツォン

 

ヨシ
ひき肉の餡かけ。メロンの中身をくり抜いた器も美しく、メロンの甘味と酸味がひき肉の旨味とあいます。

 

【富貴双方】 フークィスワンファン

 

ヨシ
ハチミツで煮た金華ハムと揚げた湯葉をパンに挟んで食べます。湯葉のないものは富貴火腿。

 

【生菜蝦鬆】 シェンツァイシャーソン

 

ヨシ
エビのミンチをレタスに包んでいただく上品な一品。中国料理で生野菜を使うのは珍しいです。

 

スポンサーリンク
 

【脆皮蝦球】 ツイピーシャーチョウ

 

ヨシ
エビのすり身に角切りのパンを付けて揚げたエビボール。塩を振ってアツアツを。

 

【泡菜肉末】 パオツァイロウモー

 

ヨシ
白菜の漬物と豚ひき肉を炒めた湖南地方の伝統的な家庭料理。唐辛子の辛さで食欲もそそります。

 

客家料理

 

ヨシ
黄河中流域がルーツといわれ、争乱などで常に移動を余儀なくされた漢民族の1グループ、客家。台湾のも多く住み、独自の文化と絆を重んじることで知られます。料理はご飯が進むような塩辛く、しっかりした味付けが特徴で、脂身もふんだんに使います。

 

【紅焼蹄膀】 ホンシャンオティーパン

 

ヨシ
高菜に似た梅干菜を使った豚もも肉の煮込み。肉は柔らかく、甘辛い汁はご飯にかけても美味しいです。

 

【薑絲大腸】 チャンス―ターチェン

 

ヨシ
豚の大腸のショウガ炒め。ショウガの香りがよく合い、臭みはほとんど感じません。

 

【梅菜肉片湯】 メイツァイロウピェンタン

 

ヨシ
梅干菜という漬物と豚肉のスープ。スープ自体は淡白で、スダチで作ったタレに肉を付けながら食べます。

 

【腰果蝦仁】 ヤオグォシャーレン

 

ヨシ
カシューナッツ都エビの炒め物。キュウリやピーマン、長ネギなどの野菜も使い、ピリッと辛い味付けです。

 

【芙蓉蒸蛋】 フーロンジェンダン

 

ヨシ
海鮮入り餡かけ蒸し玉子。蒸した玉子にナマコ、ハマグリ、タコ、イカなどの餡をかけた茶碗むし風料理です。

 

【炒茄子】 チャオチェツー

 

ヨシ
ナスと唐辛子のピリ辛炒め。ニンニクやショウガが風味を増し、バジルが独特の香り付けに。

 

【客家小炒】 コゥジャーシャオチャオ

 

ヨシ
スルメイカとばら肉の炒め物。唐辛子のピリッとした辛さと、ネギと醤油の旨味が効いています。

 

【蜜梅排骨】 ミーメイパイクー

 

ヨシ
骨付き豚肉の梅干菜煮込み。塩漬けにした梅干菜が肉の旨味を引き立てます。客家料理の代表格の一つです。

 

麺&ご飯

 

ヨシ
庶民的な食堂や屋台料理が充実していて、毎日食べても飽きない美味しさが台湾グルメの奥の深さです。牛肉麵や排骨麺などの麺料理は、数多くの専門店が味にしのぎを削っています。ご飯ものでは専門店もある魯肉飯が代表格です。朝ごはんにはお粥もポピュラーです。

 

【担仔麺】 ダンツーミェン

 

ヨシ
麺の上に肉燥(ひき肉煮込み)を載せ、エビのダシのスープをかけた台南名物の小吃。汁なしもあります。

 

【牛肉麵】 ニュウロウミェン

 

ヨシ
牛の骨でダシをとったスープにやわらかな牛肉を載せた麺料理。スープは醤油味、塩味と店により多彩です。

 

【排骨麺】 パイクーミェン

 

ヨシ
排骨は豚のスペアリブ。麺を覆うようにスペアリブを載せた麺料理。麺と排骨が別々に出てくる場合も。

 

【刀削麵】 タオシャウミェン

 

ヨシ
麺生地を包丁で鍋に削り飛ばし、茹でる麺。不揃いの太さとモチモチ感が特徴。スープは醤油味など。

 

【魯肉飯】 ルーロウファン

 

ヨシ
ネギやシイタケ、漢方などを混ぜた豚ひき肉の醤油煮込みをご飯にかけた丼もの。タレとご飯があいます。

 

【鶏肉飯】 チーロウファン

 

ヨシ
蒸した鶏肉を味付けして、ご飯にかけた丼もの。シンプルなだけに、タレのレシピが店の腕のみどころ。

 

【地瓜粥】 ディグワジョウ

 

ヨシ
サツマイモ入りのお粥。台湾式のお粥専門店では地瓜粥か白粥か選び、トッピングを加えるのが一般的です。

 

【肉粽】 ロウツォン

 

ヨシ
チマキ。もち米と具を笹の葉に包み蒸すのが北部流、生のもち米と具を葉で包み熱湯で煮るのが南部流。

 

デザート

 

ヨシ
飲茶のデザート点心から、上品な甘味の宮廷菓子、健康と美容に効果のある食材を使った漢方デザートなど、スイーツもバラエティに富んでいます。南国台湾はトロピカルフルーツの宝庫とあって、果物たっぷりのフラッペやドリンクなども街角のスタンドにあります。

 

【杏仁豆腐】 シンレントウフー

 

ヨシ
杏仁(アンズの種子)の粉を寒天で固めたデザートの定番。シロップなし、木綿豆腐状など多彩。

 

【紅豆芝麻球】 ホントウツーマーチョウ

 

ヨシ
小豆の餡を包んで、ゴマをまぶして揚げた甘い揚げ団子。飲茶メニューでポピュラーな一品。

 

【愛玉】 アイユイ

 

ヨシ
愛玉という植物の実で作るゼリーに味はなく、レモンシロップで食べる喉ごしのいいデザートです。

 

【香芒凍布丁】 シャンマントンプーティン

 

ヨシ
さわやかな甘さが魅力のマンゴープリン。広東料理レストランの飲茶でも味わえる人気のデザートです。

 

【荷花酥】 ホーホァスー

 

ヨシ
蓮の花の形が可愛らしい、こし餡のサクサクしたパイ。お茶うけにも出される宮廷菓子のひとつです。

 

まとめ

 

台湾で食べられる料理をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

台湾旅行の参考になれば幸いです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
 

Overseas travel!

 

台北屋台ベストオブベスト!台湾は屋台天国です!ここでは到る所にある台北屋台で食べられる主な食べ物を紹介します!

台湾・九份の旅愁漂う2大茶芸館&のんびり1泊!夜九份のススメ&ゴールドラッシュの地「黄金雙城(金瓜石)」へ!

台湾の有名観光スポット!九份ってどんなとこ?歴史の証人が語る7大情景!九份観光の参考にどうぞ!

台湾の新幹線は日帰りプランも楽々!新幹線で行こう!台湾南部の旅へ!台湾新幹線を徹底攻略!

台湾まるわかりナビ!台湾がどんなところか一目でわかる!(レート、ベストシーズン、ビザ、時差、公用語、コンセント)などを紹介!

 

スポンサーリンク

コメントを残す