台湾の四大寺廟で祈願めぐり!龍山寺/忠烈祠/孔子廟/行天宮の紹介です!中国様式の建築美も堪能しよう!

スポンサーリンク

 

Hi! everybody! yoshiです! Are you traveling?

 

スポンサーリンク
 

 

台湾の人々にとってお参りは、生活に根づいています。地元民と一緒に、ご利益を求めて祈願めぐりはいかがでしょうか?豪華絢爛な中国様式の寺廟は、眺めるだけでも十分に楽しめます!

 

龍山寺 ロンシャンスー

 

台北最古の格式あるお寺にお参り!

 

ヨシ
台北最古の寺は、同時に台北で最も高い格式を誇ります。本尊は第二次世界大戦中、アメリカ軍の爆撃によって本殿が崩壊した際にも消失を逃れた観世音菩薩です。再建された本殿には、この仏像を囲むように普賢菩薩、文殊菩薩、十八羅漢が祭られ、後殿には媽祖、文昌帝君、関羽など道教や民間信仰の神々が祭られています。

 

注目!銅の円柱と迫力の龍!

山門を抜けてすぐの三川殿の円柱は、台湾では珍しく銅を鋳造しています。そこに刻まれた精緻な龍のレリーフは必見です!極彩色の陶器片で飾られた鐘楼などもじっくり見学したいですね。

 

交通 メトロ板南線龍山寺駅から徒歩5分

住所 廣州街211號

☎02-2302-5162

時間 6~22時

㊡なし

料金 拝観無料

 

忠烈祠 チョンリエスー

 

名物衛兵交代式は必見!

 

ヨシ
辛亥革命や抗日戦争などで殉じた33万の英雄を祭る祭祠場として1969年に建立。山門を抜けた正面には、北京の紫禁城(現・故宮博物院)の太和殿を模した極彩色の大殿、左右には位碑や遺品が並ぶ文烈士祠、武烈士祠が立ち、それを結ぶ回廊には戦史を伝える解説文や絵画などが展示されています。

 

注目!衛兵の勇壮な交代式!

陸・海・空軍が順番で担当し、大殿、大門牌楼各2名の衛兵が英霊を守る。陸軍はカーキ、海軍は白、空軍は青の制服です。全員が息を揃えて動き、銃剣を回す姿は見応えがあります。

 

交通 メトロ淡水線圓山駅から車で5分

住所 北安路139號

☎02-2885-4162

時間 9~17時

㊡なし

料金 参拝無料

 

スポンサーリンク
 

孔子廟 コンツーミャオ

 

儒教の祖・孔子を祭る聖廟!

 

ヨシ
台湾各地にある孔子を祭る霊廟の総本山です。1881年に創建されたましたが日本統治下で荒廃が進み、1907年に日本軍により取り壊されました。1925年に現在の土地が寄贈され、完成は1939年。孔子の出身地である中国・曲阜の孔子廟がモデルになりました。

 

注目!「至聖先師」孔子の位牌!

殿内中央にある孔子の位牌の上には、蒋介石の筆による「有数無類」の額が掲げられています。また、その両側に並んでいるのは、孔子の最も重要な弟子と後継者の位牌です。

 

交通 メトロ淡水線圓山駅から徒歩10分

住所 大龍街275號

☎02-2594-1022

時間 8時30分~21時(日曜は~17時)

㊡月曜

料金 拝観無料

 

行天宮 シンティエンコン

 

商売繁盛祈願と厄払いをしよう!

 

ヨシ
三国時代の蜀の将軍・関羽を主神とし、民族的人気を集める南宋の将軍・岳飛、竈の神・司命火土君なども祭る道教の霊廟。関羽は商売の神としても敬われており、商売繁盛を願う商人たちが日々大勢参拝に訪れます。

 

注目!「三国志」の名将・関羽!

スポンサーリンク

三国時代、張飛とともに、蜀の劉備に仕えて活躍した関羽の像は必見です!唐時代中頃から武神として崇拝され、国難克服の祭りでももてはやされました。商売の神様としても有名です。

 

交通 メトロ淡水線民權西路駅から徒歩15分

住所 民權東路二段109號

☎02-2502-7924

時間 4~22時30分

㊡なし

料金 参拝無料

 

まとめ

 

台湾の四大寺廟を簡単に紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

台湾観光の参考になれば幸いです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
 

Overseas travel!

 

台湾/林本源園邸/清代の大富豪が築いた江南式庭園を2時間たっぷり散策しよう!

台湾の故宮博物院必見ガイド!世界に名高い文化の殿堂を時間別に紹介!台湾旅行の参考にどうぞ!

台北101タワー大解剖!台湾ナンバー1のランドマークへ!台北101タワーへの行き方、料金、感想などをまとめてみました!

台北の頂福靶場!台北でショットガンを撃った時の記録です!頂福靶場への行き方、料金、感想などの紹介です!参考にどうぞ!

台湾の絶品スイーツ!別腹を満たしてくれる至福の一皿!日本にはないスイーツも多いので台湾へ行った際は是非トライしてください!

 

スポンサーリンク

コメントを残す